주요 기사 바로가기

韓国独自技術の3段式ロケット「ヌリ号」、今年10月に高興から打ち上げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.09 07:04
0
韓国の独自技術で製作した3段式ロケットが過去初めて年内に韓国から打ち上げられる。イーロン・マスク氏が設立したスペースXを通じて打ち上げる月探査軌道船も組み立てる。

韓国科学技術情報通信部は8日、関係部署16カ所とともに宇宙開発振興実務委員会を開き、このような内容をまとめた案件を審議・確定した。2018年に政府が樹立した「第3次宇宙開発振興基本計画」のうち、今年6250億ウォン(約588億5000万円)を投じる主要事業だ。今年の宇宙開発振興施行計画の中で最も注目されるのは、独自技術で開発した最初の発射体(ロケット)を宇宙に打ち上げるプロジェクトだ。韓国政府は今年10月、全羅南道高興(チョルラナムド・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターから韓国型発射体「ヌリ号(KSLV-II)」を打ち上げる。ヌリ号は搭載重量1500キログラム、全長47.2メートルの3段式液体燃料ロケットだ。第1段は75トン級液体エンジン4基、第2段は75トン級1基、第3段は7トン級1基で構成されている。現在、韓国航空宇宙研究院(KARI)で第1段部の認証モデル燃焼試験を実施している。第2段・第3段ロケットは検証を完了した。

ヌリ号は当初、今月中に打ち上げられる予定だった。だが、昨年12月に開かれた国家宇宙委員会で延期が発表された。科学技術情報通信部は当時、「発射体第1段部の開発が日程調整に大きな影響を及ぼした」とし「追加の時間が必要」と明らかにした。

次世代中型衛星は翌月打ち上げられる。カザフスタンでロシアのソユーズ発射体を利用する。次世代中型衛星1号も韓国独自技術で開発した精密地上観測用衛星だ。国土・資源の管理や災害・災難への対応などのために精密地上観測映像を提供する任務を遂行する。宇宙環境観測ナノ衛星も打ち上げられる。韓国天文研究院(KASI)が主導する10キログラム級ナノ衛星4基が、宇宙の天気・災難など基礎研究を目的に、今年下半期カザフスタンから宇宙に向けて打ち上げられる。来年宇宙に打ち上げる宇宙船・衛星も年内に組み立てる。まず韓国最初の月探査軌道船の組み立てが始まる。米国スペースXが来年韓国の月探査軌道船を打ち上げる予定だ。このため、今年は軌道船本体を組み立て、軌道船システムの総組立試験を実施する。全天候型地上観測・国家安保用多目的実用衛星(6号・7号)も今年組み立てる。やはり来年の打ち上げを目標にしている。

韓国政府は静止軌道公共複合通信衛星(千里眼3号)を新規に開発する作業にも着手する。千里眼3号は災難・安全に対応して未来の衛星通信技術をテストするために宇宙に送る衛星だ。また、自動運転車・ドローンなど第4次産業革命に必要な位置・航法・視覚情報を提供する韓国型衛星測位システム(KPS)構築を推進する。今年K国際協力・先行研究等を通してKPS開発事業の推進基盤を用意する計画だ。今回の宇宙開発振興実務委員会では、衛星活用活性化のための「衛星情報活用施行計画」、宇宙物体の落下・衝突など宇宙危険に備えるために南半球に1.5メートル級光視野光学望遠鏡の設置を推進する「宇宙危険対備施行計画」も審議、確定した。

科学技術情報通信部のチョン・ビョンソン次官は「今年は独自技術で開発した韓国型発射体と次世代中型衛星を打ち上げるなど、宇宙開発事業を成功裏に完遂しなければならない年」としながら「成功裏に任務を遂行するために最善を尽くす」と意気込みを語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国独自技術の3段式ロケット「ヌリ号」、今年10月に高興から打ち上げ

    2021.02.09 07:04
    뉴스 메뉴 보기
    全羅南道高興(チョルラナムド・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センター。
    TOP