주요 기사 바로가기

韓国京畿道、日本産稲品種に代える韓国産稲供給1227トンまで増加へ

ⓒ 中央日報日本語版2021.02.08 12:05
0
韓国京畿道(キョンギド)種子管理所が「2021年度夏季作物種子生産・供給協議会」を開いて日本産稲品種に代わる韓国産育成稲品種の生産を大幅に拡大すると8日、明らかにした。

この日、会議では種子管理所が生産する日本産稲品種供給量を昨年1625トン(コシヒカリ395、秋晴1230)から今年1338トン(コシヒカリ338、秋晴1000)に287トン縮小し、京畿道育成稲品種生産量を635トン(チャムドゥリム549、マッドゥリム86)に拡大することに決めた。

また、国内開発品種の生産・供給など地域特化品種の供給拡大のための市・郡別栽培の意向と拡大策を協議し、関連機関と農業である意見を聴取する時間を設けた。

この席で提示された道生産・供給計画を総合すれば、今年韓国の育成稲品種供給量は昨年995トンから1227トンまで増えるものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国京畿道、日本産稲品種に代える韓国産稲供給1227トンまで増加へ

    2021.02.08 12:05
    뉴스 메뉴 보기
    京畿道種子管理所が「2021年度夏季作物種子生産・供給協議会」を開いて日本産稲品種に代わる韓国産育成稲品種の生産を大幅に拡大すると8日、明らかにした。[写真 京畿道]
    TOP