주요 기사 바로가기

米映画『ミナリ』、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート…外信も非難

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2021.02.04 15:07
0
ただ喜ぶには後味の悪さが大きいノミネートだ。退化を招く彼らだけの自尊心に他ならない。

映画『ミナリ』(リー・アイザック・チョン監督)が第78回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされた中、韓国内はもちろん、海外メディアも厳然たる「米国映画」を外国語映画賞部門で評価されるようにした点、各種協会からトロフィーを多数受けているキャストのノミネートが不発に終わった点について批判混じりの意見が相次いでいる。

ゴールデングローブ賞を主管するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)は3日(現地時間)、第78回ゴールデングローブ賞候補を発表した。その中で『ミナリ』は外国語映画賞部分にノミネートされ、『アナザー・ラウンド』(デンマーク)、」と『ラ・ロロナ』(フランス・グアテマラ)、『ザ・ライフ・アヘッド』(イタリア)、『トゥー・オブ・アース』(米国・フランス)と競い合う。国籍は「USA」。米国と表記されている。

『ミナリ』の外国語映画賞部門ノミネートは公式候補発表以前から議論を呼んだ。米国の製作会社で製作された、韓国系米国人の監督が演出した米国映画にも関わらず、「会話の50%以上が韓国語」という理由から作品賞のノミネート作品から除外され、外国語映画賞に分類されるという話が聞こえてきたためだ。

これは噂ではなく現実になった。「オスカー・レース」と言われる米国の授賞式シーズンに60個近くのトロフィーを獲得したにもかかわらず、ゴールデングローブ賞は外国語映画賞部門1つで終わらせ、アカデミー賞助演女優賞候補1位に選ばれて実に20冠王となったユン・ヨジョンをはじめとするキャスト達も候補から排除された。

これについて、各種海外メディアもゴールデングローブ賞に向けた非難の声を高めている。

ニューヨーク・タイムズは、「米国の会社が製作した映画が外国語映画候補として競う現実が馬鹿げている」と皮肉った、バラエティは「ハリウッド外国人記者協会は『ミナリ』が米国作品にもかかわらず、外国語映画賞部門で競わせるという奇妙な決定を下した」と指摘した。

デッドラインは「ゴールデングローブは、英語についてだけは往々にしてアカデミーと異なる決定を下す」とし「スティーブン・ヨンとユン・ヨジョンは、多くの賞賛を受けたにもかかわらず、ゴールデングローブ賞にノミネート発表では注目されなかった」とコメントした。

エンターテインメント・ウィークリーも「あなたの映画が50%以上英語で会話していなければ、ゴールデングローブ賞最優秀作品賞にノミネートされることはできない。『ミナリ』はデンバー生まれのリー・アイザック・チョン監督が演出した米国作品にも関わらず、敷居を超えられなかった」とし「サプライズ候補のジョディ・フォスターの指名のためにユン・ヨジョンが外されたのも驚くべきことだ」と皮肉った。

昨年、『ミナリ』と同じ理由でゴールデングローブ賞の冷遇を受けた『フェアウェル』のルル・ワン監督は「私はことし『ミナリ』のように米国映画らしい米国映画を見たことがない。この映画はアメリカン・ドリームに期待する米国移民者の家族の物語を描いている」とし「私たちは米国的なものをひとえに『英語の使用』だけで定義する古い規定を変える必要がある」と断言した。

『ミナリ』は第36回サンダンス映画祭の審査委員大賞と観客賞受賞を皮切りに、米国映画協会および授賞式を総なめし、59冠王に110ノミネートという大記録を立てている。「英語」に執着したゴールデングローブは、『ミナリ』のノミネートに遺憾を残したが、‘ラスボス’のアカデミー賞は異なると予想される。アカデミー賞の規定に基づいて『ミナリ』は米国映画に分類ではなく、国際劇映画賞を除くすべての部門での競争が可能だ。

第78回ゴールデングローブ賞は28日に開催され、第93回アカデミー賞ノミネート発表は3月15日、授賞式は4月25日に開かれる予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米映画『ミナリ』、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート…外信も非難

    2021.02.04 15:07
    뉴스 메뉴 보기
    米映画『ミナリ』、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート
    TOP