주요 기사 바로가기

【コラム】「イワシ1グラム、バナナ6個」…痛烈な比較が原発怪談を鎮圧した(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.04 11:23
0
知らなければだまされる。よく知らない概念と用語が登場する科学の領域ではなおさらだ。専門家の攻防についていくのではなく、信じたいことだけを信じる確証バイアスに陥りやすい。その結果は恐怖を滋養分とするフェイクニュースと怪談の登場だ。BSE(牛海綿状脳症)、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備をめぐる騒動がそうだった。

最近の月城(ウォルソン)原発のトリチウム(三重水素)をめぐる論争も、BSE(牛海綿状脳症)やTHAAD怪談のデジャブになるところだった。月城原発の集水井で基準値を超過するトリチウムが発見されたという地域放送の報道を受け、原子力工学者と脱原発勢力の間で攻防が生じた。ところが雰囲気は過去のBSE事態やTHAAD騒動とはやや違った。官民合同調査団が現場調査をするなど論争はまだ完全には収まっていないが、脱原発陣営の主張が一方的に増幅する状況ではない。調査団に原子力専門家らが含まれたこと自体がその証拠だ。トリチウム論争は漠然とした恐怖の対象ではなく、科学的な検証と討論の領域へと移った。何が怪談を早期に鎮圧したのだろうか。蔓延するフェイクニュースに対する効果的な対応として注目を集める。

◆たまった水に「排出基準違反」報道

発端は先月上旬・中旬の浦項(ポハン)MBC(文化放送)の連続報道だった。浦項MBCは月城原発3号機タービン建物下部の地下水集水井にたまった水2トンから「排出管理基準」の18倍に相当する1リットルあたり71万ベクレル(Bq)のトリチウムが検出されたと報じた。波紋は広がった。与党・共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表は最高委員会で「放射性水素流出の隠蔽に『原発マフィア』が関与していないか確認してみなければならない」と主張した。民主党環境特別委所属の議員らが月城原発を訪問したのは数日後だった。脱原発団体の攻勢も始まった。「原発周辺の地下水がトリチウムで汚染された」「原発の近隣住民の体からトリチウムが検出された」「トリチウムがDNAを持続的に破壊する」。

ファクトから確かめてみよう。問題の水は問題になる理由がなかった。71万ベクレルが検出された水は「排出された」水でなく「排出前にたまっている」水だった。排出するまでに海水で薄めれば、排出濃度基準の1リットルあたり4万ベクレルよりはるかに低い13ベクレル水準となる。トリチウムが地下水に混ざって原発の外に流出したという疑惑も事実である可能性がほとんどない。近隣の地下水や海水のトリチウム濃度は雨水よりも低かった。言論仲裁委は、「トリチウム濃度を排出基準の18倍と表現することはできず、放射能に汚染された地下水が原発敷地の外側に出たとは見なしがたい」という韓国水力原子力(韓水原)の反論申請を受け入れた。

疑問は残る。トリチウムの濃度がその程度に上がった理由は。韓水原側は施設漏水の可能性はないとみている。それ以降、そのような現象は観察されていないからだ。チョン・ヨンフンKAIST(韓国科学技術院)教授は「たまった水が蒸発する過程で空気中のトリチウムが溶けて入り、濃度が高くなる可能性がある」と説明した。韓水原のウォン・フンデ月城原子力本部長も「原因を探している間、関連論文1件を見つけた。これを根拠に1リットルの水を75日間、大気中に置く蒸発実験をした。その結果、トリチウムの濃度が最大1800倍高まった事実を発見した」と述べた。もちろん精密な追加調査が必要な部分だ。

◆呼応が得られなかった脱原発勢力の攻勢

脱原発勢力の攻勢は呼応を引き出すことができなかった。局面は北朝鮮原発提供疑惑へとすぐに流れた。脱原発勢力の「恐怖マーケティング」が効果を得られなかった理由は何か。

1つ目、原子力科学者の積極的な対応だ。報道の直後、政界と脱原発勢力の攻勢に対し、原子力専攻者らはSNSやメディアを通じて、こうした主張の非科学性と非合理性を指摘した。科学者出身ではないが鄭載勲(チョン・ジェフン)韓水原社長も「ファクトと科学的証拠に基づかず、ごく少数の(環境)活動家が主張する無責任な内容が広がってはならない」と反論した。現政権に任命された韓水原社長が与党に反旗を翻す姿は異例だ。圧巻は「イワシ1グラムまたはバナナ6個」だ。KAIST(韓国科学技術院)のチョン・ヨンフン教授は「住民の尿から検出されたトリチウム放射線量は最大値でも0.0006ミリシーベルト(mSv)であり、その程度を食べた時に受ける被爆量と同じ」と整理した。恐怖を煽る攻勢が笑い話になる瞬間だった。

2つ目、脱原発勢力の不足した知識体系だ。トリチウム報道の直後、民主党と脱原発活動家はオウンゴールを連発した。「トリチウムは自然には存在しない人工元素」「原発近隣住民の一人の体から1、2グラムのトリチウムが検出される」という発言が代表的な例だ。トリチウムは宇宙からくる高エネルギー粒子の宇宙線と大気物質の相互作用で年間200グラム以上作られる。チョン教授は「月城原発が1年間に排出するトリチウムが0.4グラムなのに、どうすれば一人の体から1グラムも出てくるのか」と反撃した。常識以下の発言が脱原発勢力の信頼度を落とした。

3つ目、政治的な意図に対する疑いのためだ。与党と脱原発勢力の攻勢は、月城原発をめぐる監査と捜査を攻撃するための世論戦の性格が濃厚だった。監査院長に対する任鍾ソク(イム・ジョンソク)元大統領秘書室長の発言、与党報道官の監査院と検察に対する攻撃論評などが疑心を強めた。問題提起の「誠意」が疑われた。 【コラム】「イワシ1グラム、バナナ6個」…痛烈な比較が原発怪談を鎮圧した(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP