주요 기사 바로가기

中国・日本大使に「オバマ初代首席補佐官」議論…次期韓国大使は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.03 16:08
0
バラク・オバマ元米国大統領の初代首席補佐官を過ごしたラーム・エマニュエル前シカゴ市長がバイデン政府の中国あるいは日本駐在大使に挙げられていると米国NBC放送が1日(現地時間)、報じた。駐中・駐日米国大使候補の輪郭が徐々にはっきりしている中、次期韓国大使に対する関心も高まっている。

NBCは匿名の消息筋3人を引用し、バイデン大統領がエマニュエル氏を中国大使として有力に検討していて、日本大使に指名する可能性もあると伝えた。「エマニュエル氏は毒舌家であり戦い屋という評判があり、民主党内の進歩派とたびたび衝突した」とNBCは伝えた。バイデン政府が強硬な中国牽制(けんせい)政策を予告し、初代中国大使の重量感は相対的に大きくなっている。バイデン政府が中国圧迫を目的とした日米豪印戦略対話(QUAD=クアッド)安保協議体の継承意志を明らかにしていることから、中国を牽制する最前線の日本にも人望ある要人を大使として派遣するという観測も出ている。

米国の次期中国あるいは日本大使としてオバマ氏の側近に分類されるエマニュエル氏が指名されるだろうという予想が出て来たことを受けて、次期駐韓米国大使にも似たキャリアのある要人が派遣されるのではないかという見方もある。これに先立ち2014年に赴任したマーク・リッパート前大使は、オバマ政府で国家安保会議(NSC)副補佐官などを務めたオバマ氏の最側近に数えられた。リッパート氏はこれに先立ち、駐韓米大使として赴任してきたそれまでの職業外交官出身の官僚とは違い、初の政務職公務員出身の駐韓米国大使だった。オバマ大統領の信任とアジア政策関連の経験を買われて特別に任命された。リッパート氏は2015年にはキム・ギジョンの凶器襲撃を受けて大きなけがを負ったこともある。だが、在任中は韓国に対して愛情を示し、大使として韓米関係増進のために積極的に動いたという評価を受けている。直前の大使だったハリー・ハリス前大使の場合、初の職業軍人出身の駐韓米国大使で2018年に赴任した。ハリス前大使は米国の立場をそのまま伝達する直接的な話法で、在任期間には党・政府・青瓦台(チョンワデ、大統領府)と葛藤が乗じることもあった。

今回の韓国大使は米国の対中戦略、北朝鮮非核化問題、保護貿易問題、人権や気候変動問題など、韓米間でからまった外交イシューを総合的に考慮して指名するだろうという展望だ。慶煕(キョンヒ)大学政治外交学科のソ・ジョンゴン教授は「次期駐韓米国大使は本国と緊密に疎通する能力がある比重ある要人が来るだろう」としながら「官僚の中でもかなりのベテラン、あるいは過去バイデン氏側と歩調を合わせた経験があり、対話ができる人物が来るだろう」と展望した。

バイデン政府の韓半島(朝鮮半島)政策がまだ明確に立てられていない以上、次期駐韓大使候補の指名には時間がさらにかかる可能性もあるという展望だ。峨山(アサン)政策研究院米国政策研究センターのジェームズ・キム上級研究委員は「韓米首脳間の電話会談が遅れるなど、現在バイデン政府で韓半島イシューが後回しになっている傾向があり、駐韓国大使の氏名も余裕を持って行われる可能性がある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国・日本大使に「オバマ初代首席補佐官」議論…次期韓国大使は

    2021.02.03 16:08
    뉴스 메뉴 보기
    今年1月、離任を控えて韓米同盟フォーラムの招請講演で発言するハリー・ハリス前駐韓米国大使。
    TOP