주요 기사 바로가기

韓国、ブルームバーグ革新評価「1位奪還」…9年間で7度の1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.03 15:45
0
韓国が2021年の「ブルームバーグ革新指数(Bloomberg Innovation Index)」評価で、ドイツを抜いて1位に返り咲いた。

3日、ブルームバーグ通信によると、韓国はことし総点90.49点を受け、対象国60カ国のうち1位になった。昨年はドイツに押されて2位だった韓国は、特許登録活動の増加と研究開発(R&D)、製造業などの部門で高評価を受けた。

韓国は2014年から2019年まで6年連続で1位を占めたが、昨年はドイツに押されて2位に落ちた。ことし1位を奪還することで、同指数が始まって以来、合計9年間で韓国は7回1位を記録した。

シンガポール(87.76点)とスイス(87.60点)は、昨年よりワンランクずつ上がり、それぞれ2位と3位を占めた。昨年1位だったドイツ(86.45点)は、ことし4位に後退した。このほか、スウェーデン、デンマーク、イスラエル、フィンランド、オランダ、オーストリアの順でトップ10に布陣した。

2013年に1位だった米国(83.59点)はことし11位で、前年より2ランク落ちた。中国はワンランク下の16位に留まった。

ブルームバーグ革新指数は毎年、主要60カ国を対象に、R&D集中度、特許活動、製造業付加価値、生産性、先端技術集中度、教育の効率性、研究集中度など7部門を評価し、100点満点で計算される。

ブルームバーグ通信は、評価に使用された多くの統計は、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)以前に収集されたものとし、韓国・ドイツ・イスラエルのように上位の多くの国が、新型コロナ対応でも優れていたという点は特記に値すると評価した。

これに対して企画財政部は「厳しい対内外の条件の中でも、政府と企業が未来に対する投資を着実に拡大した」とし「ことし世界5位の水準の研究開発投資100兆ウォン(約9兆円)の見通し、韓国版ニューディール、ビッグ3(未来の車・バイオヘルス・システム半導体)とDNA(データ・ネットワーク・人工知能)など革新成長の重点的推進などが作用したものとみられる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP