주요 기사 바로가기

「人種差別歌詞論議」Stray Kidsのハン、謝罪…「弁解の余地はない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.03 08:05
0
グループStray Kidsのメンバー、ハン(実名、ハン・ジソン)が過去人種差別的な内容の歌詞を書いたという疑惑に対して公式謝罪した。

ハンは2日、Stray Kidsの公式ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「私が13歳だった2013年ごろ作成した歌詞が現在論議を呼ぶことになり、ファンたちをはじめとする多くの方々にご迷惑をおかけした」として「弁解の余地がない私の誤り」としながら謝罪文を掲載した。

ハンは「分別がなかった幼い時期、ラップがしたいという思いだけで誤った歌詞を書いた」として「十分に考えずに書いた歌詞によって多くの方々を傷つけた点、お詫びを申し上げる」とした。

また「音楽を通じて私を表現し、さらに多くの方々と共感するために歌手という職業を選んだわけだが、過去このような歌詞を書いた自身に恥ずかしい気持ちだけだ」として「年齢が小さかったという理由だけで許されない行動ではないということをよく分かっているため、さらに反省する」と書いた。

この日、一部のオンラインコミュニティなどではハンが中学生時代にユーチューブに掲載したラップの映像で人種差別的な歌詞が入ったという主張が提起された。歌詞で「君はXXX外国人労働者」「お前が着たあれはナイキ、それはニガー」など米国でアフリカ系米国人を侮辱するとき使われる言葉が入っているということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「人種差別歌詞論議」Stray Kidsのハン、謝罪…「弁解の余地はない」

    2021.02.03 08:05
    뉴스 메뉴 보기
    Stray Kids
    TOP