주요 기사 바로가기

軍部クーデターが起きたミャンマー、韓国大使館との連絡途絶える

ⓒ 中央日報日本語版2021.02.01 16:03
0
ミャンマーで起きた軍部クーデターで韓国・ミャンマー間の通信が途絶えた。

1日午前、ミャンマー軍部は国会で行われる予定だったアウン・サン・スー・チー国家顧問の民選政府第2期発足関連行事が行われる直前、スー・チー氏をはじめ与党「国民民主連盟(NLD)」中央執行委員や核心国会議員、政府主要長官などを逮捕して拘禁した。同時に、軍部はネピドーやヤンゴンなどの携帯電話サービスも次々と中断させた。

首都ネピドーと最大商業都市ヤンゴンの通信が途絶えたことに続き、メディアの統制まで行われるなど、外部への情報流出が難しくなっている。在ミャンマー韓国大使館や韓国の主要企業現地駐在員と連絡が取れなくなっており、海外同胞の安全問題も大きくクローズアップされている。

メディア統制も断行された。ミャンマー国営放送はクーデター発生直後に放送が中断されたほか、海外へミャンマーのニュースを伝える通路だった「ビルマの声」放送局もこの日午前6時58分ごろ包囲された。

韓国外交部関係者は「クーデターの余波で韓国大使館や駐在員まで直接的な被害を受ける可能性は少ない」としながらも「軍部が政府やメディアなどすべてのチャネルを掌握するまで、現地の状況が具体的に確認されることは容易ではなさそうだ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP