주요 기사 바로가기

【コラム】韓日実用的外交が機会を創出

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2021.01.30 13:57
0
新型コロナで国家間の往来がふさがり、韓日関係が最悪となっている今、日本ではむしろ第4次韓流が静かに進行中という。『愛の不時着』『梨泰院クラス』など韓国ドラマが人気を呼び、JYPの日本人ガールズグループ「NiziU」が旋風を起こしている。『冬のソナタ』(第1次韓流)、東方神起・少女時代・KARA(第2次)、そしてBTS・TWICE(第3次)を経て現在では韓流が日常化している。

ネットフリックスは韓国コンテンツを公開し、地上波放送や週刊誌も韓流特集プログラムを繰り返している。NHKはBTS所属事務所を取材して放送し、韓国ドラマで人気が高まった韓国料理の特集も地上波で見ることができる。週刊朝日、AERA、週刊文春エンタ! などは最近、イ・ビョンホンのインタビュー、韓流ドラマ紹介、NiziUの表紙写真、JYP特集などを掲載した。一時はヘイトスピーチや嫌韓勢力が強まり、韓流が好きでもそれを表せなかったが、最近はそのような雰囲気でもないようだ。

韓国でも文在寅(ムン・ジェイン)大統領の18日の新年記者会見をきっかけに変化の雰囲気が見え始めている。文大統領は慰安婦問題に関連し「韓国政府は(2015年の)その合意が公式的な両国間の合意だったという事実を認める」と述べた。外交部の立場の再確認ではあるが、これを大統領が自ら明らかにしたということに意味がある。また文大統領は「努力する過程で慰安婦問題の判決がまた出て、少し困惑している」とし、韓日関係がさらに難しくなることを心配した。

遅くなったが、ようやく正しい方向をつかんだ。外交は銃声なき戦争だ。ところが両国はその間、露骨な「戦闘」をしてきた。特に韓国側は一部で竹槍歌や土着倭寇論、不買運動まで動員して反日感情闘争を扇動した。戦いをやめさせるべき政府と外交当局者はむしろ後方から火力支援もした。その代償は何か。外交・安保の不安定や経済的な不利益など国益との交換ではなかったのか。実用的な実利を追求すべき外交が安っぽい政治的道具に転落してしまう惨事が生じた。

よく我々は韓日関係を独仏関係と比較したりする。フランスの立場で見ると、隣国のドイツは不倶戴天の敵に違いない。その両国は偉大な2人の政治指導者の実用的外交路線のおかげで、現在は和解と繁栄を共有、享受している。1963年1月22日、仏パリのエリゼ宮でシャルル・ドゴール仏大統領とコンラート・アデナウアー西ドイツ首相は両国友好条約に署名した後、強く抱擁した。1960年代、フランスとしては共産国ソ連はもちろん、自由陣営の大西洋勢力である米国と英国の牽制のため、ドイツとの関係の再確立が求められた。ドイツとしては言うまでもない。西ドイツが国際社会で信頼と名誉と地位を取り戻すためにはフランスの協力が必要だった。

韓日請求権協定はエリゼ条約の2年後の1965年に締結された。韓国と日本、フランスとドイツの関係は似ているようで異なる。ドイツ・フランスが未来志向的、実用的、ウィンウィン関係なら、韓国・日本は過去志向的、感情的、対決的関係だった。

未来は若い世代のものだ。現在の政治家の一部は小さな利益を得るために日本という「機会の地」を投げ捨てた。米国が嫌だと、中国が傲慢だと、反米、反中感情を前に出してこれらの国との貿易を断つことができるだろうか。

もちろん痛恨の過去は一時も忘れてはならないだろう。日本が今後どのように出てくるかは結局、我々しだいではなかろうか。ドゴールとアデナウアーが実用的外交でフランスとドイツの未来の世代に譲った黄金期を、韓日両国の政治指導者は深く考えてみるべきだろう。

ハン・ギョンファン/総括エディター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP