주요 기사 바로가기

「ジョー」「ヨシ」と呼び合う米日首脳…「韓半島の完全な非核化を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.28 13:39
0
ジョー・バイデン米大統領と菅義偉首相が28日未明、電話会談した。20日のバイデン大統領の就任後、アジアの首脳との初の電話会談だ。

両首脳は、同日0時45分から約30分間の電話会談で日米同盟強化のために努力し、「自由で開かれたインド太平洋」を実現するために緊密に協力することで一致した。「自由で開かれたインド太平洋」は、中国の膨張政策に対応するための日米の対中牽制共助のスローガンだ。

バイデン大統領は、日米安保条約第5条の規定により、尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含め、日本に揺るぎない防衛義務を約束しており、米国の核戦略を含む拡大抑止力を提供するという約束も再確認した。

北朝鮮の核問題と日本人拉致被害者問題も主要議題として議論された。ホワイトハウスは、両首脳が中国と北朝鮮を含めた地域の安全保障問題を議論し、「韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化と拉致問題の早期解決の必要性を確認した」と発表した。日本の首相官邸も「安保理決議に基づいて北朝鮮の非核化が実現するように日米が緊密に連携していくことにした」と確認した。これは日米が北朝鮮の非核化のために行ってきた協力と連帯をバイデン政権でも継続するという対外的な宣言でもある。

また、両首脳は、米国・日本・オーストラリア・インド間の協力をさらに促進することについても意見が一致したと発表した。この4カ国は、インド・太平洋地域で中国牽制のために構成された「Quad(クアッド)」参加国だ。つまりQuad参加国の拡大によって対中国牽制ブロックを築く方針を再確認した。米国がQuadへの追加加入を求めている国が韓国だ。

また、両首脳は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)などの伝染病の流行抑制、気候変動への対処、共同の価値と国際安全保障と繁栄を促進するための対応での協力を約束したと、ホワイトハウスが発表した。

日本のNHK放送は、今回の電話会談で両首脳がお互いをファーストネームで「ジョー」、「ヨシ」と呼び合うことにしたと報じた。「ヨシ」は菅首相のファーストネーム「義偉」の略称だ。ドナルド・トランプ前米大統領と安倍晋三前首相も「ドナルド」「シンゾー」と呼び合い、親しさをアピールした。バラク・オバマ大統領と安倍元首相も首脳会談で「バラク」と「シンゾー」と呼び合い、首脳間の連帯を示した。

日本政府の関心事だった東京五輪(オリンピック)問題は、今回の会談では議論しなかったという。日本は7月に五輪開催を控え、バイデン大統領の公式支持を期待している状況だ。

菅首相は同日午前、官邸で記者団に会ってバイデン大統領との会談内容を伝え、「コロナの感染状況を見つつ、可能な限り早い時期で訪米日程を調整する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP