주요 기사 바로가기

韓国慶尚北道議員「日本の歴史わい曲に強硬な対応を…対馬奪還に向けた国民運動を展開しよう」

ⓒ 中央日報日本語版2021.01.27 11:25
0
慶北道(キョンブクト)のパク・ヨンソン議員が日本の歴史わい曲に対する強硬な対応を促した。

パク議員は26日、開かれた第321回臨時会第1回本会議の5分自由発言を通じて「周辺国の歴史わい曲をめぐる葛藤は韓国や日本、中国の友好関係と未来を依然として遮っている」として「日本が歴史を歪曲しながらも独島(ドクト、日本名・竹島)侵奪への野心を捨てられずにいる理由は大韓民国がいつか対馬の返還を主張することに備えた策略」と主張した。

パク議員は「独島と対馬を明らかな韓国領土にするために『対馬島失地回復国民運動』の火種を慶北道が率先して蘇らせ、独島および対馬教育を強化するだろう」と促し、「釜山(プサン)、慶南(キョンナム)など他の市・道と強力して領土守護共同協議体を構成せよ」と求めた。

パク議員は「日本の戦犯企業はわが国民を強制動員した三菱、東芝など多いが、独島を日本の領土だと妄言を吐いて独島侵奪後援支援金を支給するすべての日本企業を当然戦犯企業の範疇に入れるべきだ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国慶尚北道議員「日本の歴史わい曲に強硬な対応を…対馬奪還に向けた国民運動を展開しよう」

    2021.01.27 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    慶北道のパク・ヨンソン議員。[写真 慶北道議会]
    TOP