주요 기사 바로가기

中国政府を批判して失踪説の馬雲氏、3カ月ぶり姿現す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.20 16:17
0
中国電子商取引最大手アリババグループの創業者の馬雲前会長がおよそ3カ月ぶりに姿を現した。昨年10月に中国政府の政策を批判した後、姿が見えず、失踪説、拘禁説、出国禁止説などが出ていた。

20日の中国現地メディアによると、馬氏はこの日午前、オンラインカンファレンスに登場し、中国の地方の教師100人余りを対象に映像で演説を行った。

馬氏は「最近、同僚らと共にずっと学んで考えながら、教育や慈善活動に専念している」と述べた。馬氏は昨年10月24日、上海外灘(バンド)金融サミットに出席し、「中国政府が革新を抑えている。過去のような形で未来を管理することはできない」と批判した。

同年11月2日、馬氏は経営陣と共に金融当局に呼び出され、アリババ金融系列会社アントグループは「当局の管理監督措置に従う」と頭を下げた。しかし翌日の3日夜、中国政府は世界最大規模の企業公開(IPO)として注目されていたアントグループの上海・香港同時上場を電撃的に中断させた。アリババの株価は暴落し、馬氏の財産はその後120億ドルが消えた。さらにアリババグループは反独占違反行為で調査を受け、課徴金が賦課された。また、収益性が高いオンライン貸付事業を中断し、本業の電子決済(アリペイ)業務に忠実に取り組むべきという中国金融当局の通知を受けた。

こうした状況で馬氏の姿が見えなくなり、失踪説などが出ていた。中国国営放送CCTVは15日、アントグループが事業改編を推進中と報道し、その5日後に馬氏が姿を現した。

中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露副総裁は15日、「アントグループが金融当局の指導の下、すでに規範整備業務チームを設置し、事業改編日程を急いで準備中」と述べた。これを受け、中国政府の全面的な圧力に馬氏が白旗を揚げたという解釈が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国政府を批判して失踪説の馬雲氏、3カ月ぶり姿現す

    2021.01.20 16:17
    뉴스 메뉴 보기
    アリババ創業者である馬雲氏
    TOP