주요 기사 바로가기

忘れた頃に出てくる「竹島は日本の領土」という日本外相の妄言…慶尚北道が糾弾声明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.19 11:27
0
慶尚北道(キョンサンブクド)が日本外相の独島(ドクト、日本名・竹島)の領有権主張を糾弾する声明を出した。日本の茂木敏充外相は18日の国会外交演説で、「竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ、国際法上も日本固有の領土」と主張した。日本の外相の独島をめぐる妄言は2014年から8年連続繰り返されている。

慶尚北道は19日、「日本政府は毎年繰り返される独島領有権主張をただちに中断し謝罪せよ」としてイ・チョルウ知事名義の糾弾声明を発表した。

イ知事は声明を通じ、「日本の外相が今年も国会外交演説で独島が日本固有の領土というとんでもない妄言を繰り返し侵奪の野心を見せている。独島を管轄する道知事として、300万道民とともに強力に対抗することを明らかにする」と明らかにした。続けて「執拗かつ巧妙に歴史歪曲を画策し、独島に対する侵奪の野心を捨てられない日本は過去の侵略行為を心から謝罪して挑発を中断し国際秩序維持と世界平和に参加することを強く促す」と強調した。

独島は行政区域上慶尚北道鬱陵郡(ウルルングン)鬱陵邑独島里だ。このため日本政府が独島領有権を主張すると慶尚北道が積極的に乗り出して反発している。

慶尚北道によると、日本の防衛省が閣議に報告した防衛白書は「わが国固有の領土である北方領土や竹島の領土問題が依然として未解決のまま存在している」と記述した。日本の排他的経済水域(EEZ)に独島を含め、周辺国防空識別圏(ADIZ)地図でも独島を自国領空と表示した。日本の防衛白書に独島を自国領土と主張する内容が掲載されたのは2005年から昨年まで16年連続だ。

慶尚北道は、独島領有権強化に向け独島名誉住民証を発行している。昨年10月基準で独島名誉住民は6万人を超えた。2010年11月の独島名誉住民証発行開始から10年だ。独島名誉住民になったという意味である独島住民証の発行は、独島に上陸したり船に乗って独島を1回以上周回した内外の訪問客が申請できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    忘れた頃に出てくる「竹島は日本の領土」という日本外相の妄言…慶尚北道が糾弾声明

    2021.01.19 11:27
    뉴스 메뉴 보기
    独島
    TOP