주요 기사 바로가기

韓国で接種予定のアストラ製ワクチン…豪医学界「効能に疑問」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.14 16:18
0
オーストラリア医学界でアストラゼネカの新型コロナワクチンがイシューになっている。アストラゼネカ製ワクチンの効能に疑問を提起し、政府に接種推進の中断を要求する声が出てきたからだ。オーストラリアも韓国と同じく来月からアストラゼネカ製ワクチンの接種を始める予定だ。

13日(現地時間)のロイター通信、豪シドニーモーニングヘラルド、英フィナンシャルタイムズ(FT)などによると、オーストラリアの一部の医学者は「アストラゼネカ製ワクチンは効能が相対的に低いため集団免疫を達成するのは難しい」と懸念している。これに対しアストラゼネカ製ワクチンの接種をやめて、ファイザーとモデルナのワクチンを多く購入すべきだと主張している。ワクチン企業の発表によると、臨床第3相でファイザーとモデルナのワクチンは95%程度の効能があったのに対し、アストラゼネカのワクチンは定量をすべて投与した場合の効能が62%だった。

オーストラリア・ニュージーランド免疫学協会のターナー会長はアストラゼネカ製ワクチンとファイザー製ワクチンの効能を比較し、「問題はアストラゼネカ製ワクチンが集団免疫を形成できるかという点」と指摘した。「アストラゼネカ製ワクチンは低い効果のために広く配布できるワクチンでない。オーストラリアはウイルス統制のためにアストラゼネカ製ワクチンに依存すべきでない」とも述べた。さらに「我々は長いゲームをしていて、どれほど長くかかるか分からない」とし「政府はファイザーとモデルナのワクチンをより多く購入する方向に進むべきだ」と主張した。

オーストラリアが購入したアストラゼネカのワクチンは5380万回分で、ファイザーのワクチン購買量(1000万人分)の5倍を超える。まだ両ワクチンともにオーストラリア当局の使用承認が出ていない。

西豪州医学協会のミラー会長は「アストラゼネカ製ワクチンが他のワクチンほど効果があるという、より多くのデータが出るまでは、アストラゼネカ製ワクチンは集団免疫の達成においてリスクがある」と話した。続いて「オーストラリアは新型コロナをよく統制してきたため、大衆の信頼を得るために最高のワクチンを待つ時間がある。なぜ次善策に満足するのか」と反問した。

オーストラリアの防疫状況は安定的であるため、効能が低いワクチンを急いで接種するよりも、少し時間がかかっても効能が確実なワクチンをさらに確保して接種しようということだ。最近、3日連続でオーストラリアの一日の新規感染者は17-19人にとどまっている。人口は約2500万人だが、累計感染者数は2万8658人、累計死者数は909人だ。

豪バーネット研究所のクラップ教授も「政府はアストラゼネカ製ワクチンに対する依存度を再検討すべきだ」と指摘した。オーストラリア医学協会のレイト支部長は「アストラゼネカ製ワクチンに対する判断はより多くのデータが確保されるまで留保されるべきだ」と主張した。

シドニーモーニングヘラルドによると、豪ウイルス学協会はアストラゼネカ製ワクチンの接種に関する意見表明をめぐり激しい論争をした末、立場を変えた。当初、協会はアストラゼネカ製ワクチンが集団免疫を達成するほど効果があるという研究結果が出るまで接種計画を直ちに中断すべきという立場だった。同協会のドラマー副会長兼報道官は「62%の効果は集団免疫達成に十分でない」とし「集団免疫を得るために最高水準の効能を持つワクチンを使用すべきだ」と話した。

しかし協会はその後、「(アストラゼネカの)ワクチン接種にもう反対しない」と立場を変えた。こうした立場の変化の理由について協会関係者は「ワクチンに対する信頼を落とすことを望まず、我々はアストラゼネカ製ワクチンについてあまり知らないため」と説明した。

ロイター通信によると、オーストラリア科学界のこうした憂慮について、アストラゼネカ側は「臨床試験の結果、我々のワクチンは米国食品医薬品局(FDA)だけでなく世界保健機関(WHO)が提示した新型コロナワクチンの予防効果基準を超えている」と反論した。その一方で「オーストラリアの厳格なワクチン承認過程と接種過程を全面的に信頼する」と付け加えた。

オーストラリア政府はアストラゼネカ製ワクチンの接種を推進するという立場だ。オーストラリアのケリー連邦首席医療官は「アストラゼネカ製ワクチンは効果的で、安全で、高品質」とし「2月に当局が使用を承認すれば、すぐに接種を始める」と述べた。

オーストラリア国立大微生物学のコリニョン教授はFTに「次の冬までに高危険群にワクチンを接種することが重要だ」とし「十分な代替ワクチンの供給が難しい状況で、アストラゼネカ製ワクチンの接種を中断すべきという要求は非現実的だ」と批判した。

アストラゼネカ製ワクチンは先月30日、製造国の英国をはじめ、インド、アルゼンチン、メキシコなどで緊急使用承認を受け、韓国も許可審査を進めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP