주요 기사 바로가기

韓国大統領府、朴前大統領の刑確定に「直後に赦免に言及するのは適切でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.14 15:43
0
青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)が14日、国政壟断と国家情報院特殊活動費上納などの容疑で起訴された前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告の懲役20年刑が確定したことに関し、「民主共和国という憲法の精神が具現されたものであり、韓国の民主主義の成熟と発展を意味する」と評価した。

青瓦台の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官はこの日、「国会の弾劾に続いて裁判所の司法的判断で国政壟断事件が締めくくられた」とし「前大統領が服役することになった不幸な事件を歴史的な教訓とし、二度とこのようなことが起きないようにする」と述べた。

朴前大統領の刑が確定したことで、大統領特別赦免の先決条件が満たされた。青瓦台関係者は「最高裁の宣告が出た直後に赦免に言及するのは適切でない」とし「大統領から特に話を聞いていない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領府、朴前大統領の刑確定に「直後に赦免に言及するのは適切でない」

    2021.01.14 15:43
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)被告の再上告審宣告公判が開かれた14日午前、ソウル瑞草区(ソチョグ)の大法院付近で朴前大統領支持者のデモが続いた。 チャン・ジンヨン記者
    TOP