주요 기사 바로가기

<柔道>安昌林、マスターズ優勝…最強の大野将平は出場せず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.13 09:36
0
韓国男子柔道界のスター、安昌林(アン・チャンリム、73キロ級)が新年最初の国際大会で優勝した。

世界12位の安昌林は12日(日本時刻)、カタール・ドーハで開催された2021マスターズ男子73キロ級の決勝で、2位の橋本壮市(日本)に反則勝ちした。今大会の優勝は大きな意味がある。昨年2月の独デュッセルドルフのグランドスラム以来11カ月ぶりに開催された国際大会で、世界36位以内の選手だけが出場したため、東京オリンピック(五輪)のリハーサルと変わらない。

とはいえ、まだ安心はできない。73キロ級で最強の大野将平(4位)が出場しなかったからだ。大野は技と力を兼ね備えた柔道の「怪物」だ。2016年リオデジャネイロ五輪でも優勝している。橋本は大野よりランキングは高いが、日本五輪代表選抜戦では大野に敗れた。大野は安昌林の「天敵」と呼ばれる。安昌林は大野を相手に通算6戦6敗だ。

安昌林は残りの期間にコンディションを上げて大野に勝つという覚悟だ。東京五輪は安昌林にとって特別な意味がある。安昌林は東京で生まれた在日3世だ。柔道名門の筑波大2年だった2013年に全日本学生選手権で優勝した。安昌林が全国大会で初めて金メダルを獲得したのが五輪の柔道が開催される東京武道館だ。

安昌林は日本柔道界から帰化を勧められたが、翌年、韓国の龍仁大に編入した。「韓国人は太極マークを付けるべき」と考えた。安昌林は以前に中央日報のインタビューで「東京では必ず金メダルを獲得したい」と新年の覚悟を語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <柔道>安昌林、マスターズ優勝…最強の大野将平は出場せず

    2021.01.13 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    男子73キロ級の安昌林が新年最初の国際大会で優勝した。この階級の最強選手であり安昌林の「天敵」の大野将平は出場しなかった。 [写真 IJF]
    TOP