주요 기사 바로가기

映画『MINARI』の女優ユン・ヨジョン、米国演技賞11冠の大記録

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2021.01.12 12:12
0
よどみのないトロフィー席巻だ。

映画『MINARI』(チョン・イサク監督)がまた海外トロフィーを獲得した。『MINARI』の女優ユン・ヨジョンは12日発表されたサンディエゴ、ミュージックシティ、ディスカッシング・フィルム批評家協会で助演女優賞を受賞して「米国演技賞11冠」という新記録を塗り替えた。

ユン・ヨジョンはこれに先立って、ロサンゼルス、ボストン、ノースカロライナ、オクラホマ、コロンブス、グレイターウェスタンニューヨーク批評家協会と米国女性映画記者協会、そしてサンセット・フィルム・ サークル・アワードで助演女優賞を受賞した。

特に、ボストンに続きサンディエゴ、ディスカッシング・フィルム批評家協会でアカデミー賞の有力候補とされる女優アマンダ・サイフリッドとの激しい競合を通じて助演女優賞を占めて名実共に世界的な名女優ということを立証した。

それだけでなくチョン・イサク監督は今回の受賞で作品賞3冠と脚本賞4冠を達成してアカデミー賞に向かった恐ろしい勢いを見せた。

『MINARI』は希望を求めて見慣れない米国土地への移民を選んだ韓国人家族の温かくて特別な話を描いた作品だ。

演出と脚本を手掛けたチョン・イサク監督は『Munyurangabo』で第60回カンヌ映画祭でカメラ・ドール、ある視点作品部門にノミネートされて映画界で大きい反響を呼び起こした名監督だ。

また『MINARI』と『ムーンライト』『それでも夜は明ける』などアカデミー作品賞受賞作を誕生させたブラッド・ピットの製作会社プランBが製作を担当し、『ムーンライト』『ルーム』『レディ・バード』『ロブスター』『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』など数回アカデミーレースを成功裏に導いたA24が北米配給を担当して注目された。

世界的な映画批評サイト「ロッテン・トマト」で新鮮度指数100%を維持して卓越した作品性を立証した『MINARI』は「『パラサイト 半地下の家族』をつぐアカデミーで注目する作品」(Deadline Hollywood Daily)、「国境を超越した最高の映画」(Vague Visages)、「愛おしくて特別な作品」(RogerEbert.com)、「最善を尽くしてお互いを愛する家族、そして真実で温かい物語り」(LA Times)、「この映画は奇跡だ」(The Wrap)、「自伝的な映画に対する美しいロールモデルとして残る作品」(Rolling Stone)、「世の中の皆が共感する、胸が熱くなるストーリーテリング」(Film Actually)、「心温まる、優しい、そして完ぺきな」(Awards Radar)など新しいレビューでも全会一致で好評を得ることに成功した。

早目にアカデミーレースに青信号を灯らせた『MINARI』は女優ハン・イェリ、ユン・ヨジョンがアカデミー授賞式で韓国女優では初めて演技賞にノミネートされるかどうか、そして『パラサイト 半地下の家族』のブームを受け継いでアカデミー作品賞にノミネートされることができるかに全世界が注目を集めている。

2021年第78回ゴールデングローブ賞の候補発表は2月3日であり、授賞式は2月28日だ。第93回アカデミー賞の候補発表は3月15日であり、授賞式は4月25日に開催される予定だ。公開は上半期内に準備中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『MINARI』の女優ユン・ヨジョン、米国演技賞11冠の大記録

    2021.01.12 12:12
    뉴스 메뉴 보기
    映画『MINARI』の女優ユン・ヨジョン
    TOP