주요 기사 바로가기

「韓国、バイデン氏側にシンガポール式米朝首脳会談を提案」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.12 07:10
0
韓国政府高官は11日「韓米両国の政府を緊密につなげられる米国の中堅外交・安保筋を通じてまもなく発足するバイデン米国行政府に『シンガポール精神に戻って金正恩(キム・ジョンウン)氏と米朝対話を再開しよう』というメッセージを伝えた」と述べた。

この関係者は中央日報との電話インタビューで「シンガポール米朝合意はトランプ政府が成し遂げた成功事例だ。現在まで文在寅(ムン・ジェイン)大統領とバイデン当選者が状況をよく管理している」と明らかにした。この関係者は対米メッセンジャーが誰なのかは明らかにしなかったが、外交街ではバイデン行政府と近い知韓派外交筋が取り上げられている。

シンガポール合意は2018年6月ドナルド・トランプ米国大統領と金正恩北朝鮮国務委員長の間に行われた首脳会談の結果だ。両首脳は当時▼完全な非核化▼平和体制の保障▼米朝関係の正常化推進▼韓国戦争(朝鮮戦争)戦死者の遺骨送還--など4項目に合意した。しかし、翌年2月ベトナム・ハノイでの第2回会談が決裂し、米朝関係はもちろん南北関係まで停滞している。

この高官は「最近、北朝鮮の党大会が北朝鮮住民を対象にするので金正恩委員長が非常に強い表現を使ったが、金委員長のメッセージそのものは米国との対話を求めている」とし「速断することは早いが、7月に予定された東京オリンピック(五輪)を契機に韓半島(朝鮮半島)状況の転換点を作るのも十分にあり得る」と話した。同時に「最も重要なのは北朝鮮がその間挑発をしてはならないということ」と強調した。

文在寅大統領もこの日、新年の辞で「止まっている米朝対話と南北対話で大転換を成し遂げることができるように最後の努力をつくしたい」として「非対面方式でも対話することができるという意志には変わりがない」と述べた。

しかし、バイデン行政府が「シンガポールモデル」を再演できるだろうという期待は非現実的という指摘もある。過去北核交渉を導いた魏聖洛(ウィ・ソンナク)元韓半島平和交渉本部長は「任期がいくらも残っていない文在寅政府がシンガポールモデルを取り出すというのは十分に予想したシナリオ」として「しかし、米国でも問題があると評価されているモデルを、しかも政敵であるトランプ大統領の業績をバイデン行政府が継承してほしいと求めるのは現実性に欠ける」とした。

また「メッセンジャーとして取り上げられる人物も厳密に考えるとバイデン行政府の傍系に近く、実効性も疑問だ」とした。

東洋(トンヤン)大学のチョン・ヨンテ客員教授も「北朝鮮は核交渉力を前面に出して米国と対話する時、韓国が自身と同じ立場でなければ抜けることを求めている」として「このような状況で韓国政府が交流・協力を言い出せば、北朝鮮はむしろ『ふざけるのか』と反応するだろう」と話した。

◆与党、いっせいに金正恩氏の答礼訪問説=このような中で与党はいっせいに金委員長の年内答礼訪問説を提起した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)国政状況室長として対北朝鮮業務を引き受けてきた共に民主党の尹建永(ユン・ゴンヨン)議員は10日、放送インタビューで「金委員長の答礼訪問が必ず年内に実現すべきだ」として「医療支援や防疫支援ではなく、もう少し米国の顔色をうかがわずに果敢にやってみようというのが金委員長の考え」と明らかにした。

同党のソル・フン議員も放送インタビューで「金委員長の答礼訪問の可能性が大きいと考える」として時期を「夏」に特定した。ただし、その根拠は示さなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、バイデン氏側にシンガポール式米朝首脳会談を提案」

    2021.01.12 07:10
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ大統領と金正恩国務委員長が6月12日、米朝首脳会談が開かれたシンガポールのカペラホテルで握手している。[中央フォト]
    TOP