주요 기사 바로가기

韓国とイランの船員解放交渉、始まりから難航

ⓒ 中央日報日本語版2021.01.11 18:05
0
イランに拿捕され拘束された韓国船舶と船員の解放に向けた交渉が始まりから難航している。韓国は拘束問題を外交的交渉で解決しようとしているのに対し、イランは司法手続きに従うべきと主張しているためだ。

イランに到着した外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は10日にイランのアラグチ外務次官と面談した。この席でアラグチ次官は「韓国は今回の事件を政治化すべきではなく、イラン司法当局の調査が終わるまで待たなければならない」と話したとロイター通信などがイラン国営テレビを引用し報道した。アラグチ次官はまた、韓国内のイラン凍結資金について「米国の制裁よりも韓国が(問題を解決する)政治的意志がないことがさらに大きな問題」と話したとイランのファルス通信が伝えた。

これは、韓国人拘束問題はイランの国内法に基づいて処理される事案というこれまでの主張を繰り返したもので、状況によっては拘束が長期化しかねないとの懸念をもたらしている。また、イランは凍結資金に対し「韓国の意志」を強調し、韓国を相手に米国を説得せよという本心を表わしたものという観測が出ている。このため崔次官が韓国人船員の解放を強く要請したにもかかわらずイランがこれを受け入れるかは不透明な状況だ。

崔次官は11日に同国のザリフ外相とも会い、拘束問題を議論する。崔次官をはじめとする韓国政府代表団は革命防衛隊と直接接触はしていないという。代わりに革命防衛隊を直接統率するイランの最高指導者ハメネイ師側との接触を推進するものと現地消息筋が伝えた。また、韓国政府代表団はこの日イラン中央銀行のヘンマティ総裁と会い、凍結資金問題を協議する予定だとイランのメフル通信が報道した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国とイランの船員解放交渉、始まりから難航

    2021.01.11 18:05
    뉴스 메뉴 보기
    韓国外交部はイランの韓国船舶抑留に関連して5日、駐韓イラン大使を呼んで抗議した。シャベスタリ大使がこの日、韓国の外交部庁舎を後にしている。キム・ソンニョン記者
    TOP