주요 기사 바로가기

ルノーサムスンが赤字…役員40%削減・構造調整に着手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.08 08:35
0
ルノーサムスンが役員を40%ほど減らす。昨年赤字に転落し、会社の規模を縮小することにした。

◆8年ぶり赤字、組織も縮小

自動車業界によると、ルノーサムスンは役員全体(約50人)の40%を減らし、役員の給与も今月から20%ほど削減することにした。ルノーサムスンは「昨年の決算が近いうちに出るが、赤字が避けられない。流動性を確保するために役員から緊縮することにした」と説明した。役員を削減した後、組織改編も進める予定だ。

新型コロナ事態が続く場合、今年の自動車販売も予測しがたいというのが会社側の立場だ。10-12月期の業績が公示されていないが、ルノーサムスン車は2012年以来8年ぶりの赤字が確定的だ。新車6モデルを発売した昨年とは違い、今年は確実な新車発売計画もない。

ルノーサムスンは昨年、国内外市場で計11万6166台を販売し、前年比35%減となった。韓国国内での販売台数(9万5939台)は前年比10.5%増加したが、輸出(2万227台)が77.7%減少した。ルノーサムスンと同じルノー・日産アライアンス系列の日産「ローグ」委託生産が昨年3月に中断したからだ。欧州自動車市場が冷え込み、ルノーサムスン釜山(プサン)工場は昨年9月、操業を一時停止した。最近、CセグメントSUV「XM3」の釜山工場委託生産が確定したが、「ローグ」ほどの安定的な規模は配分されなかった。

現在ルノーサムスンは自動車5社のうち唯一、2020年の賃金団体交渉を妥結してない状態だ。労働組合は基本給7万ウォン(約6650円)引き上げを要求しているが、使用者側は業績不振のため受け入れるのは難しいという立場だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ルノーサムスンが赤字…役員40%削減・構造調整に着手

    2021.01.08 08:35
    뉴스 메뉴 보기
    2019ソウルモーターショーで公開されたXM3 INSPIREのショーカー。[写真 ルノーサムスン自動車]
    TOP