주요 기사 바로가기

「バスに10時間」「夫がまだ帰ってこない」 退勤時の大雪で交通が大混乱に陥った韓国ソウル首都圏

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.08 07:46
0
6日の退勤時間に降った雪で道路が麻ひして首都圏でも「都心孤立」事態が7日午前まで続いた。インターネットコミュニティやSNSには「まだ家に着けていない」という投稿が相次いで掲載された。出勤時間に家に帰ってきたという嘆きも多数あった。

京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)に住むイ・ジヘさん(32)は6日午後9時ごろ、城南市盆唐区二梅洞(ソンナムシ・プンダング・イミドン)にある会社をあとにした。イさんが家に到着したのは7日午前7時を越えてだった。雪が降り道が混みそうだと判断したイさんは車を会社に置いてバスに乗ったが、その後10時間、バスの中に閉じ込められる羽目になった。出勤のために家を出なければならない時間に帰宅したイさんは、この日会社に行けなかった。イさんは「バスに15人ほどいたが、最大の問題はトイレだった」とし「バスが道路にずっと止まっていたため、男性は中間で降りて用を足すことができたが、女性は我慢するしかなかった」とした。

ソウル駅を前日午後7時に出発して京畿道広州胎田洞(キョンギド・クァンジュ・テジョンドン)にこの日午前5時に到着したというチェさんも「数日前から確かに大雪予告があったが、基本的な備えすらされていなかった」とし「停滞区間を数多く経由してきたが、警察や公務員の姿は一度も見なかった」と吐露した。

多くの主婦が集まるオンライン掲示板(マムカフェ)には、この日朝になっても家に到着できない夫を心配する妻たちの哀訴が投稿された。午前8時ごろ、京畿道広州地域のマムカフェには「まだ家に帰ってきていない夫(13時間経過)」というタイトルの記事が投稿された。投稿者は「江南(カンナム)を昨日夕方7時に出発した夫が、午前10時を越えて到着しそうだと電話してきた」とし「痛ましさを越えて災難」と書いた。この投稿文には「うちの夫もまだ帰ってきていない」「うちの夫も瑞草(ソチョ)を昨日7時に会社を出て今も帰宅の途中」というコメントがつけられた。

盆唐・板橋(パンギョ)地域のマムカフェにもこの日午前0時を越えて「夫が安養(アンヤン)板橋路の路上に4時間以上閉じ込められている」とし「逆走する車道もあって大混乱だがどうしたらいいのか」という投稿もあった。京畿道安養から板橋につながる安養板橋路と京畿道城南と光州をつなぐ渇馬(カルマ)トンネルなど、首都圏の一部地域で除雪が適時に行われなかったためだ。城南板橋洞に住むイムさん(30)は「前日午後7時30分ごろに会社を出たが午前0時を越えてやっと家に帰ってきた」とし「会社がある江南からテヘラン路を抜け出すところから地獄だった」とした。続いて「除雪されていないため車線も見えず、道まで凍っていてもうダメだと思った瞬間が何度も(あった)」と付け加えた。

出勤時間まで帰途が続き、これを心配する投稿も相次いだ。京畿道広州の地域掲示板には午前4時19分ごろ「道路が駐車場」としながら「もうすぐ出勤のための車も出てくるはずだが、いつになったら家に着くのだろう」という吐露が投稿された。「私もまだ家に帰ることができていない。みんな頑張ろう」というコメントがつけられた。

出勤の道も平坦ではなかった。寒波のため首都圏各地で地下鉄が止まり、出勤途中で混雑が生じた。この日午前7時25分ごろ、逍遥山(ソヨサン)行きKORAIL(韓国鉄道公社)電車1号線が外大前駅で故障で立ち往生し、1号線運行が50分間遅れた。また4号線でも午前7時50分ごろ吉音(キルム)駅からタンコゲ行き列車に故障が発生して1時間程度列車が遅延運行した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「バスに10時間」「夫がまだ帰ってこない」 退勤時の大雪で交通が大混乱に陥った韓国ソウル首都圏

    2021.01.08 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    突然の大雪のため、往復10車線の路上に多くの車両が立ち往生している。[写真 オンライン掲示板]
    TOP