주요 기사 바로가기

日帝時代には雑牛扱い…辛丑年の主人公「白い牛」消滅寸前だった理由=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.04 09:33
0
韓国農村振興庁が2021年辛丑年を迎えて白い牛を公開した。

3日、農村振興庁国立畜産科学院は、慶尚南道咸陽郡(キョンサンナムド・ハミャングン)の家畜遺伝資源センターで飼育されている白牛25頭の写真と映像を公開した。

センターは2009年白牛3頭を収集して生命工学技術を利用して個体数を増やしてきた。

センターによると、白色の韓牛である白牛は歴史の中に消えるところだった。

1399年発刊された朝鮮時代の獣医学書「新編集成馬医方牛医方」の記録を紐解くと、かつて韓国には葛牛をはじめ黒牛、白牛、青牛、黄牛など多種多様な毛色を持つ韓牛が存在していたが、日帝強占期をたどりながら雑牛(雑種)として扱われて次第に痕跡をなくしていった。

センターは2009年井邑(チョンウプ)や大田(テジョン)で白牛の雌牛2頭と水牛1頭を収集し、その後は人工受精や受精卵移植など生命工学技術を動員して白牛の種を守ることに成功した。

センターによると、白牛は黄色韓牛と同じ系統だが、白色症(アルビノ)のため毛が白色だ。白色系統である外来品種シャロレーとは全く違う。

現在、白牛は絶滅危機段階で、国際連合食糧農業機関(FAO)の家畜多様性情報システム(DAD-IS)に韓国品種として登録されている。

イ・ソンス・センター長は「白い牛の年を迎えて白牛などさまざまな希少韓牛遺伝資源を確保し、差別的特性を明らかにし、家畜遺伝子源の価値を確保するためにより一層努力していきたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日帝時代には雑牛扱い…辛丑年の主人公「白い牛」消滅寸前だった理由=韓国

    2021.01.04 09:33
    뉴스 메뉴 보기
    白い牛の年である辛丑年の2021年、慶尚南道咸陽郡(キョンサンナムド・ハミャングン)に位置した農村振興庁国立畜産科学院家畜遺伝資源センターで飼育されている白牛。[写真 韓国農村振興庁]
    TOP