주요 기사 바로가기

中国、武漢の実状伝えた市民記者に懲役4年宣告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.28 17:47
0
武漢の実状知らせて拘禁された中国の市民記者…懲役4年の刑宣告

新型コロナウイルスが最初に拡散した中国・武漢の実態を伝えて当局に拘禁された市民記者が懲役4年の刑を宣告された。

28日の香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、上海人民裁判所はこの日公共秩序を乱したという容疑で起訴された元弁護士で市民記者の張展氏(37)に有罪判決を下した。張展氏の弁護士はこの日「張氏の健康状態は良くない。控訴するかどうかはすぐに明らかにしなかった」と伝えた。

2月初めに武漢を訪れた張氏は新型コロナウイルスの深刻性についてユーチューブなどソーシャルメディアを通じて外部に知らせた。この過程で警備がものものしい武漢ウイルス研究所、病院、火葬場などの映像を上げたりもした。その上で中国当局が新型コロナウイルスの深刻性を住民に知らせておらず、メディアを検閲していると暴露した。

その後中国共産党は「混乱助長・扇動罪」の容疑で張氏を逮捕した。「ウィーチャットとユーチューブなどインターネットメディアで虚偽の情報をまき散らし、武漢の新型コロナウイルス状況について悪意的に分析し、外国報道機関とインタビューした」という容疑だった。

上海・浦東地域の拘置所に収監された張氏は断食闘争を行って容疑を否認した。こうした張氏に当局が強制的に食べ物を食べさせたという主張が出てきて議論も起こった。

今月初めに弁護士と面会した張氏は口とのどの炎症が激しいと明らかにしたが、張氏が断食闘争を行ったことで矯正当局が張氏ののどに管を挿入して強制的に流動食を注入したということだ。また、面会当時両手が体の前後に固定されていたがこれは管を抜かないようするためだったという。

武漢の実態を伝えた別の市民記者のやはり苦難に会った。同紙は「張氏はコロナ最初の発病期間に武漢が封鎖された間に武漢の人々の初期経験を報道した何人もない市民記者の1人。これら市民記者は拘禁されたり記事を出すのを中断するよう命令を受けた」と報道した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP