주요 기사 바로가기

秋法務長官の3連敗…尹検察総長はクリスマスに出勤、与党捜査に弾み=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.25 11:19
0
「停職2カ月」懲戒で危機を迎えた尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長が24日、裁判所の総長職復帰決定でまたも起死回生した。尹総長はクリスマスの25日から出勤する予定だ。

尹総長側は「25日午後1時に出勤し、最高検察庁の次長と事務局長から不在中の業務報告を受け、翌日の26日午後2時に出勤し、各種業務報告を受けた後、業務の処理をする」と明らかにした。尹総長は今月1日にも職務停止に対するソウル行政裁の執行停止決定から1週間後にまた出勤した。尹総長は裁判所の決定が出た24日午後9時前まで自身を弁護したイ・ワンギュ弁護士、イ・ソクウン弁護士らと焼酎を交わしたという。

一方、尹総長に対する懲戒を主導した秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官と李容九(イ・ヨング)法務部次官の立場は厳しくなると予想される。裁判所の決定で無理な懲戒ということが明らかになったからだ。また文在寅(ムン・ジェイン)大統領が懲戒案を裁可しただけに、青瓦台も政治的な打撃を受けるしかない。

職務に復帰することになった尹総長は大田(テジョン)地検の原発捜査状況に直接関与する可能性がある。先月25日から1日までの尹総長の1次職務停止期間、大田地検原発捜査チームは最高検察庁に産業通商資源部公務員の逮捕状請求意見を出したが、決定されなかった。しかし尹総長が復帰した翌日の2日、逮捕状を請求した。

最高検察庁の内部では、尹総長が1次職務停止直前までイ・ドボン大田地検長に電話で指示しながら事件に関与してきたという点で、連休以降に本格的に捜査を指揮をするとみている。尹総長は今月1日にも裁判所の決定から40分後に最高検察庁に出勤した。夕食も取らずに3時間近く不在中の業務報告を受けた。

尹総長が業務を再開し、ライム資産運用とオプティマス資産運用など大型金融ファンド詐欺に関与した疑いがある与党関係者に対する捜査にも弾みがつく可能性がある。ソウル南部地検が担当するライム事態に関連し、キム・ボンヒョン前スターモビリティー会長が政界・官界に働きかけたという疑惑の捜査は依然として進行中だ。

オプティマス事件に関しては李洛淵(イ・ナギョン)共に民主党代表の側近が政治資金法違反で検察の取り調べを受け、自殺した。その後は追加の召喚日程など捜査関連事項が公開されていない状態だ。

ある検事は「現政権に対する捜査をうまく指揮することも重要だが、組織をうまくまとめなければいけない」とし「来年から変わる検警捜査権の調整などに合わせて検察のシステムを変えることに総力を挙げるべきだ」と述べた。また「停職2カ月の効力を裁判所がしばらく停止したとはいえ、与党がどんな形で攻撃するか分からず、組織の内部でも憂慮の声が多い」とし「尹総長が求心点の役割をしなければいけない」と助言した。

地方のある次長検事は「まだ常識が生きていることを見せた司法府に敬意を表す」とし「最近のチョ・グク前法務長官の夫人チョン・キョンシム東洋大教授に対する宣告、尹総長に対する職務停止と停職の執行停止が認められるのを見ると、わが国はそれほど容易くはないということを感じた」と語った。ある部長判事は「裁判所が人事聴聞会を経た検察総長を軽微な理由、粗雑な手続きで懲戒すれば、現在進行中の検察の捜査の中立性と独立性を阻害すると判断したようだ」と述べた。

1日の法務部監察委員会の懲戒・職務排除不当意見勧告と同じ日の行政法院の職務復帰決定に続き、今回の懲戒執行停止まで「3連敗」を喫した秋長官は厳しい状況に追い込まれた。高基栄(コ・ギヨン)前法務部次官、趙南寬(チョ・ナムグァン)最高検察庁次長まで背を向けたのに続き、李盛潤(イ・ソンユン)ソウル中央地検長も後輩の検事から辞任圧力を受けている。検事らも先月25日、尹総長に対する秋長官の職務排除措置が不当だという声明を出した状況であり、秋長官が尹総長に対する圧力カードを追加で取り出すのは難しかった。秋長官はすでに辞意を表明した状態で、この日、立場を尋ねる記者らの質問に答えなかった。青瓦台も立場を表明しなかった。

結局、青瓦台が秋長官の辞意を受け入れ、後任者の人選を急ぐ可能性が高いとみられる。秋長官は16日、青瓦台を訪問し、尹総長に対する停職2カ月懲戒案を文在寅大統領に伝え、その場で本人の辞意を表した。ただ、後任者が決定または就任するまでは長官職務を遂行すると予想される。当分は現職を維持しながら高位公職者犯罪捜査処の発足と来年から施行される捜査権調整関連の後続作業を終え、来年1月に検事長級の幹部人事までする可能性もある。しかしこの日の裁判所の決定ですべてのことが不透明だった。

野党はこの日「大韓民国の国民は価値のあるクリスマスプレゼントを受けた」とし、裁判所の決定を歓迎した。国民の力の法制司法委員会は「クリスマス前日の夜、大韓民国は法治が死んでいないことを確認した」という声明を出した。国民の力のキム・ウン議員は自身のフェイスブックに「この数カ月間、政権の捜査妨害と検察懐柔が誤りであることが2度も確認された」とコメントした。

一方、民主党の崔仁昊(チェ・インホ)首席報道官は「今回の司法府の判断は、その深刻性をまともに反映せず、深い遺憾を表す」とし「今回の判決は行政府の安定性を毀損し、司法府に対する不信につながり、国論分裂を深めることにならないか憂慮される」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP