주요 기사 바로가기

韓経:韓国のワクチン確保、アジア太平洋地域で第2グループにとどまる…来年9月までに接種可能

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.24 07:45
0
韓国はアジア太平洋地域の国のうち新型コロナウイルスワクチン接種が来年9月まで可能な第2グループに該当するという分析が出てきた。バングラデシュ、フィリピン、タイ、カンボジアなどと同級だ。

米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)が23日に伝えたところによると、英国の市場調査会社ピーチソリューションズは「3段階に分けたアジア太平洋地域新型コロナウイルスワクチン普及速度差」という報告書を出した。各国がワクチンを開発する製薬会社と締結した事前購入契約規模などに基づいて分析した結果だ。

アジア太平洋諸国のうち第1グループは早ければ今月にもワクチン接種を始め、来年6月には国民の大部分が接種を終えると予想される国だ。日本、中国、オーストラリア、インド、マレーシア、香港、シンガポールなど7カ国が名前を上げた。報告書は、日本の場合、事前購入契約を通じて5億4000万回分のワクチンを確保しており、中国はファイザーなどから1億回分を確保しただけでなく独自のワクチンまで開発していると伝えた。

第2グループは来年9月までに国民の大多数が接種を受けると予想される国だ。韓国を含めインドネシア、ベトナム、ラオス、ミャンマーなど9カ国が第2グループに分類された。2022年2月に大多数の国民に新型コロナウイルスワクチンが普及すると予想される第3グループには北朝鮮、アフガニスタン、パキスタン、ネパールなどが入った。

ピーチソリューションズは「各国の新型コロナウイルスワクチンへのアクセス性は製薬会社と締結した事前購入契約により大きく違いが生じるだろう。一部の国は来年上半期にもワクチン接種を始めることができないだろう」と予想した。

米国では感染者が急増し生き残る可能性が高い患者だけ治療する「医療配給」も議論され始めた。ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国の新型コロナウイルス累積感染者は21日基準で1800万人を超えた。ワシントン・ポストは「先週米国で1日平均21万7000人の新規感染者が発生した。これは0.4秒ごとに新たな感染者が出ているという意味」と伝えた。

カリフォルニア州ロサンゼルス郡は医療配給検討を始めた。医療配給は病院がすべての患者に同じ水準の医療サービスを提供できない場合、生存可能性が高い患者を選別して集中治療することを意味する。

新型コロナウイルスの変異種が発見された英国では22日に過去最多となる3万6804人の感染者が発生した。死亡者も691人で約1カ月ぶりの高水準となった。既存のウイルスより感染力が70%強い変異種が拡散速度を高めていると分析される。これに伴い、新年からイングランド全域が3度目の封鎖措置に入る可能性もあるとの観測が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP