주요 기사 바로가기

文大統領、ワクチン確保関連の言及なしに「治療薬・ワクチン開発に最善を尽くす科学技術者を応援」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.22 09:29
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日「(新型肺炎)治療約とワクチンの開発に最善を尽くして下さる科学技術者を国民とともに応援する」と述べた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた第3回国家科学技術諮問会議全員会議でだ。新型肺炎ワクチンと直接的な関係がある会議ではなかったが、他国よりワクチンの確保が遅れたという批判の声が上がっており文大統領の発言に関心が集まった。文大統領は来年研究開発(R&D)の予算27兆4000億ウォン(約2兆3000億円)に言及して「治療薬とワクチンの開発に投入されて新型コロナの克服の呼び水になるだろう」ともした。ワクチンの確保に関する具体的な説明はなかった。

国家科学技術諮問会議は大統領を議長とする科学技術最上位会議体制だ。文大統領は「来年はわが科学技術界に意味深い年になるだろう」とし、「政府と民間を合わせてR&D100兆ウォン時代を開くことになる」と話した。青瓦台によると、R&D投資規模では米国・中国・日本・ドイツに続き世界5位、対国内総生産(GDP)比投資の割合は1・2位を競っている。文大統領は「ますます大きくなっている『科学立国』の遠大な夢がR&D投資に含まれている」として「もう韓国は国家R&D財源の中で民間の割合が78%に達するほど企業や大学、研究所の革新力が非常に高かった」と話した。

また「国家科学技術力を政府が主導する時代は過ぎた」として「市場で革新が実現できるように果敢に規制を取り払い、革新の主導者に力を与えるべきだ」と明らかにした。文大統領は最後の発言で「夜を明かしながら働く研究文化の特性上、女性科学技術者が家庭と両立できる道を開いてあげる必要がある」とも述べたと姜ミン碩(カン・ミンソク)青瓦台報道官が伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、ワクチン確保関連の言及なしに「治療薬・ワクチン開発に最善を尽くす科学技術者を応援」

    2020.12.22 09:29
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP