주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】ワクチン確保は大統領の責務だ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.18 13:15
0
米国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の流行が始まった時、ワシントンでK防疫が関心を集めた。シンクタンクは北核と韓米同盟という、よく扱われる話題の代わりに韓国の成功的な新型コロナ防疫を画像セミナーの主題に入れた。ジョー・バイデン氏も文在寅(ムン・ジェイン)大統領と初の電話会談後に出した声明で保健協力の議論を前面に出した。だが、そこまでだった。新型コロナアジェンダが診断検査からワクチンに急旋回し、韓国は忘れられた。韓国内ではまだK防疫について話しているが、それこそ「井の中の蛙」のような声だ。

このような状況は十分に予想された。米国、英国、欧州連合(EU)、日本がワクチンの契約を急いでいるとき、韓国では相変わらず感染者数と社会的距離の確保の段階の話だけをしてきた。と思ったら、不意に文大統領が「いよいよワクチンと治療剤で長いトンネルの先が見える」と話した。「政府は4400万人分のワクチン物量を確保した」とも話した。製品や納品日時、物量が決まっていないにもかかわらずだ。

米国は来年1-3月期までにファイザーワクチン1億回分、モデルナワクチン1億回分の供給を受ける。最近モデルナワクチン1億回分を追加で購入し、来年4-6月期に供給されることになった。供給が確定した物量だけで3億回分だ。米国人口(3億3000万人)の半分に少し足りない1億5000万人が来年上半期までに接種を終えることができる。

新型コロナ危険を軽視し、支持者の防疫不服従をあおって感染を広め、死亡者を30万人に達するまでの状況にしたのはドナルド・トランプ大統領の「過」だ。だが、記録的ともいえる短い時間でワクチンを開発した「超高速作戦」を立てたのは確かな「功」だ。製薬会社6社を選定し、5社に研究開発資金を支援してワクチンを事前購入した。ワクチン開発で新型コロナを終わらせるという政策目標が明確で、これに向けて天文学的資金を支援した。そのうちの2社がまず決勝テープを切った。

国家の命運がかかっているワクチンを確保することは大統領の責務だ。官僚が購入契約を決めることも、ワクチンが失敗する場合に負わなければならない責任を恐れることもない。米国もアレックス・アザー保健省長官やロバート・レッドフィールド疾病対策センター(CDC)局長がしたわけではなかった。トランプ大統領の決断だった。

マスクもちゃんとつけず、ティッシュのような生活必需品の買い占めで陳列台が空っぽになった様子をあざ笑われたが、結局この苦痛のトンネルから抜け出る出口は米国が真っ先に探した。ワクチン接種が始まって希望が芽生える雰囲気が感じられる。青色の診療服を着た医師、看護師がワクチン注射を受けている場面が連日テレビに登場する。トンネルの先が見えるという言葉はこのような時に使うのではないだろうか。

パク・ヒョニョン/ワシントン特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP