주요 기사 바로가기

「対北朝鮮ビラ法」懸念の声に、韓国統一部・外交部がいっせいに国連に反論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.18 07:38
0
北朝鮮にビラや物品を送れば懲役刑に処することができるように定めた改正南北関係発展法に対して国際的批判が提起されると韓国政府が組織的に反論に出た。

統一部は17日午前、出入記者団に立場文を送ってトマス・オヘア・キンタナ国連北朝鮮人権状況特別報告者がメディアインタビューで「民主的機関が適切な手続きにより改正法を見直すことを勧告する」と話したことを批判した。統一部当局者は「国会で憲法と法律が定めた手続きにより法律を改正したことに対してこのような言及が出て遺憾」と明らかにした。韓国政府が国連高官の発言に遺憾を表わしたこと自体が異例的だ。

427文字の立場文にキンタナ報告者を3回名指したが、一回だけ「キンタナ報告者」と言及した。残りは公式の肩書なしに「キンタナ」、または「同人」と表現した。統一部当局者はキンタナ報告者に向かって「『多数の境界地域の国民の生命安全保護』のために『少数の表現方式に対して最低限に制限』したという点をバランスが取れた見方を持つべき」とも指摘した。だが、これは生得権である人権問題に「多数の権益が少数より優先する」という論理を展開するように聞こえる余地がある。すべての国際人権規約はいかなる人も属した集団の数が多い少ないにより権利を差別されてはならないとしている。

統一部はこの日午後には国内駐在外信記者らに12ページの英文説明資料も配布した。「ビラ散布が北朝鮮の人権を改善するという証拠はない」として「南北間対話と交流・協力拡大が実質的人権改善により有効」と強調した。

だが、南北首脳が3回も会談して「平和イベント」を繰り広げた2018年以降北朝鮮の人権が実質的に改善されたという証拠もない。国連は16日(現地時間)、16年連続で北朝鮮政権による深刻な人権蹂躪を糾弾する北朝鮮人権決議案を採択した。韓国政府は2年連続で決議案共同提案国から外された。

同日、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が米CNNのクリスティアン・アマンプール首席国際特派員とインタビューした内容が全世界に放送された。アマンプール氏が米議会の批判を伝えると康長官は「表現の自由は絶対的(absolute)な権利ではない」として「境界地域の住民たちは数年間ビラ散布禁止を求めてきた」と話した。表現の自由が制約され得るというのは正しいが、問題はその程度だ。康長官はビラだけに言及したが、新法はビラだけでなく補助記憶装置など物品と金銭、それ以外の財産上の利益まで散布禁止の対象に入れた。あまりにも包括的で憲法上過剰禁止原則に反すると野党が反発した理由だ。

康長官は「対北朝鮮ビラの散布が国民の命と安全を脅かす場合に限って制限される」とも話した。だが、本来法にはどの場合を脅威と判断するか具体的な規定がない。結局、恣意的な判断により処罰するかどうかが決定される可能性がある。

檀国(タングク)大学法科大学のチョン・ジュンヒョン教授は「政治的表現の自由は民主主義の根幹になるため、事前検閲したり制限したりしてはならない」とし、「(康長官の発言は)ややもすると民主主義の根幹を揺るがし得る危険な発言」と指摘した。

特に、康長官が2006年から国連で働きながら専攻した分野が人権だ。外交街で「人権弁護士出身の大統領、国際的人権専門家出身の外交部長官がいる国がこのような論議の中心に立たされたこと自体が苦々しい」という反応が出る理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「対北朝鮮ビラ法」懸念の声に、韓国統一部・外交部がいっせいに国連に反論

    2020.12.18 07:38
    뉴스 메뉴 보기
    14日、ソウル汝矣島(ヨイド)国会本会議場で対北朝鮮ビラ散布禁止法が可決された後、共に民主党議員が本会議場から出ている。オ・ジョンテク記者
    TOP