주요 기사 바로가기

【社説】ずさんなワクチン対策を謝罪して代案を出してほしい=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.15 09:34
0
まだ有効な治療薬がない状況で新型肺炎のパンデミックを終息させる確実な「ゲームチェンジャー」はワクチンだけだ。ところが、韓国政府のワクチン対策は国民を十分に安心させるには極めて不十分だ。

8日英国が「勝利の日(V-Day)」を宣言したことに続き、昨日は米国でワクチン接種が始まると「ノルマンディー上陸作戦のような大転換点」との歓声が溢れ出た。新型肺炎による苦痛を払拭させるワクチンに対する期待感がそれだけ大きいという意味だ。米国は来年3月までに1億人が免疫を持つようになり、5~6月には集団免疫を形成するという野心に満ちた計画を示した。

英国・米国に続いてカナダも今週接種を始める。遠からず隣国日本もワクチンの恩恵を受けると見込まれるというからうらやましいばかりだ。目を転じて国内の状況をみると、もどかしさや焦燥感・不安を越えて憤りが爆発しそうだ。韓国はいつから、どのワクチンを打つことができるのかはっきりとした約束がないためだ。ワクチン確保戦略に誤った判断があったり、余裕に思っていたが時機を失したことによる負担を国民が抱え込む様子だ。今冬に入って初雪が降った後、水銀柱が最も低かった昨日首都圏150カ所に設置された臨時選別検査所の前には長蛇の列だ。いつ新型肺炎にかかるか分からず、ワクチン政策は信頼できない絶体絶命の状況で選別検査所を訪ねる国民の足取りは重かった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は一昨日中央災害安全対策本部会議を2月23日以降約10カ月ぶりに直接主宰した。大統領は「新型肺炎が国内に流入して以来最大の危機」としながら「もうK防疫の成否をかけて総力対応しなければならない時点」と強調した。だが、ワクチン政策がなぜこれしかできないのかに対する釈明と謝罪はなかった。大統領は「ワクチンと治療薬が使われる前まで最後の峠だ。それまでは距離の確保の実践が最も強いワクチンと治療薬」として苦痛分担を訴えた。

国民が聞きたい話はそれではなかった。その間政府の指針通りに事業をあきらめるかのように距離の確保を守ってきたが、なぜ一日に1000人の感染者が発生するのか、われわれはいったいいつからワクチンを打つことができるのか明快な説明を聞きたかった。共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表は一昨日「新型肺炎治療薬の使用は来年1月下旬以前、ワクチンの接種は3月以前に始めるように努力している」とした。

だが、世界のワクチン需給構造と実状をニュースで把握した国民なら巨大与党代表の「希望拷問(相手に希望を持たせ、苦痛を与えること)」のようなバラ色の未来をありのまま信じることは難しかっただろう。政界では直ちに来年4月ソウルと釜山(プサン)市長の補欠選挙を控えてワクチンを選挙に利用してはならないという警戒論が浮上している。

大統領や丁世均(チョン・セギュン)首相誰でも責任感を持ってワクチン対策を早急に見直し、国民の前に補完策を詳細に説明してほしい。高まりつつある国民の不安を払拭させるためにはワクチンを確保すること以外に迂迴路はない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP