주요 기사 바로가기

【コラム】韓国与党代表の失墜、「親文」という服を着た罪…尹美香事件の時が本当の彼だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.11 11:05
0
6月中旬だった。国会議員会館7階廊下で偶然李洛淵(イ・ナギョン)民主党代表と会った。その時は圧倒的な支持率1位走者だった。李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事とは差が2倍以上あった。親文が顔色をうかがうほどだった。知り合いではあるが、「飛ぶ鳥を落す勢いの人」なので、挨拶すればそのまま通り過ぎるだろうと思ったが、茶を一杯飲もうという。政治家が大きな決心をすればすべてのことに意欲があふれて親切になるというが、本当にそのようだった。8・29全大(共に民主党の全党大会)を控えて「どうせ代表は李洛淵だろう」という言葉が出回り、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(以下、正議連)事件で尹美香(ユン・ミヒャン)議員の去就が焦眉の関心だった時だ。彼が一言こう言った。

「どの記者の関心も尹美香だ。その去就なんだがね。すれ違うと記者はそれしか聞かない。だが、去就は私が考える問題のうち3番目だ。最も重要なことは韓日関係に対する心配だ。(悪影響を与えてはいけないのに)日本人と会えば何の話ができようか。その次に非政府組織(NGO)の信頼問題が重要で、3番目が去就だ」

尹美香事件に対する観点が印象的だった。その事件は陣営論理がほぼすべてだった。正義連寄付金横領容疑に対して「無条件でこちらが正しい」という主張が乱舞した。彼はそこから頭一つ飛び抜けていた。韓日関係という大きな枠組みを考えていて、陣営に傾く彼ではなかった。それが彼が持っているカラーだった。合理的中道性向。彼を良く知る者は「中道保守」ともいう。

その彼が最近危機だ。40%まで上昇した支持率が20%以下に真っ逆さまに落ちた。湖南(ホナム)で李在明に抜かれた時もある。相変らず与党代表だが「このように急激に変わるのか」と思うほど存在感がなくなった。再び回復できないだろうと思う与党要人は一人や二人にはとどまらない。

李洛淵の失墜は自分を信じられないところから来ている。彼は自分のカラーを出すよりも親文の支持を得る道に出た。そのためには強硬派になるしかなかった。彼には似合わず、むしろこんがらがった。尹錫ヨル(ユン・ソクヨル)検察総長の除去に加勢して国政調査に言及し、逆風を受けることになった。秋美愛(チュ・ミエ)法務長官のほうに立つよりほかはなかった。不動産論争の渦中では「ホテル式チョン・ウォルセ」発言で批判を受けた。与党の最大の悪材料である秋・尹戦争と不動産で存在感のない不明瞭な強硬派として残ったところ、矢だけを向けられたようなものだった。支持率は低下していくほかなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】韓国与党代表の失墜、「親文」という服を着た罪…尹美香事件の時が本当の彼だ(1)

    2020.12.11 11:05
    뉴스 메뉴 보기
    李洛淵(イ・ナギョン)民主党代表
    TOP