주요 기사 바로가기

「乗組員トイレ禁止、おむつ着用」中国航空会社の極限ガイドライン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.11 09:30
0
中国の航空当局が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)危険地域を行き来する航空便の乗務員に「トイレ利用を自制し、おむつを着用すること」という指示を下した。

ブルームバーグ通信は、中国の航空規制当局は新型コロナ防疫ガイドラインとして「乗務員はコロナ感染のリスクを軽減するために特殊な状況以外は機内のトイレへの出入りを避け、使い捨ておむつを着用することを勧告する」と記載されていると9日(現地時間)付けの記事で報じた。

この勧告は、コロナ患者数が人口100万人当たり500人を超える国と中国を行き来するチャーター便に適用される。

中国の航空当局はまた、乗務員に▼医療用防疫マスク▼2重の使い捨て手術用ゴム手袋▼ゴーグル▼医療用使い捨てヘアキャップ▼使い捨て靴カバーなどを使用するように勧告した。

また、機内をクリーンエリア、中間エリア、乗客座席エリア、隔離エリアなどに区分し、各エリアを使い捨て用カーテンで分離するよう求め、飛行機の最後部の座席は非常時に備えた隔離地域に指定することとした。

ブルームバーグ通信は、航空会社はコロナが大流行中の時期に防疫装置が整った航空機で旅行することは安全だと宣伝しているが、機内でのコロナ感染の事例も報告されていると伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP