주요 기사 바로가기

韓国、11月の家計向け貸付18兆ウォン以上増えて過去最高

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.10 08:32
0
先月家計の銀行からの借入が1カ月前より13兆6000億ウォン増加した。月間家計向け融資増加幅では過去最高だった。ノンバンクを含めば先月の家計向け貸付は18兆ウォン以上増えた。韓国政府が先月30日に新たな信用貸付規制を施行したことが家計の借入急増に影響を与えた。

韓国銀行が9日に明らかにしたところによると、先月末基準で銀行の家計向け貸付残高は982兆1000億ウォンだった。今年に入り11カ月間にノンバンクを含めた家計向け貸付は昨年末より103兆ウォン増加した。年間家計貸付増加幅が100兆ウォンを超えたのは2015年の113兆ウォン、2016年の132兆ウォンに続き3度目だ。

銀行の住宅貸付は先月6兆2000億ウォン増加した。10月の6兆8000億ウォンと比較すると住宅貸付の月間増加幅は6000億ウォンほど縮小した。最近の伝貰難で伝貰取引が減り新規伝貰資金貸付が減少したためとみられる。

信用貸付を含んだ銀行のその他貸付は先月7兆4000億ウォン増加した。10月の3兆8000億ウォンと比較すると月間増加幅が90%以上拡大した。政府は先月30日から1億ウォンを超える信用貸付を受けた顧客が1年以内に規制地域で住宅を購入した場合には貸付を回収することにした。ただ規制施行前になされた信用貸付は回収対象から除外する。既存の信用貸付の満期延長も規制対象でない。

韓国政府はまた、年間所得8000万ウォン以上の顧客が1億ウォンを超える信用貸付を受ければ総負債元利金償還比率(DSR)40%規制を適用することにした。年間に返済すべき元金と利子が年間所得で占める割合が40%を超えてはならないという意味だ。DSRは顧客の所得で貸付を返せるのか判断する基準だ。

そのため信用貸付の「最終列車」に乗ろうとする顧客が先月一気に集まったものと韓国銀行はみている。韓国銀行関係者は「異例な増加傾向であるだけに警戒感を持って見守る必要がある」と話した。

先月の企業向け貸付は6兆7000億ウォン増加した。10月と比較すると月間増加幅が2兆5000億ウォン縮小した。大企業向け貸付は先月3000億ウォン減ったが中小企業向け貸付は7兆ウォン増加した。韓国銀行関係者は「新型コロナウイルスの余波で中小企業の運転資金需要は相変わらずだ。金融支援プログラムが拡大したことも影響を及ぼした」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、11月の家計向け貸付18兆ウォン以上増えて過去最高

    2020.12.10 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    ますます深刻化する韓国の負債状況
    TOP