주요 기사 바로가기

【社説】監察委も裁判所も不当だという検察総長懲戒委を中止しなければ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.03 11:19
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)と法務部が尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長に対する懲戒委員会を強行する勢いだ。見直しを求める検事の声明、不適切だという監察委員会の勧告、裁判所のブレーキまですべてを無視する意地がが嘆かわしいばかりだ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨日、法務部次官にイ・ヨング弁護士を内定した。前任のコ・ギヨン次官が先月30日辞任して慌てて人事が行われた。イ氏が今年4月まで法務部法務室長を務めたとすれば、その後8カ月間弁護士として務めたが、きちんと検証もできていないのか疑わしい。

コ前次官は尹総長に対する懲戒委の開催に反対したところ、受け入れられず辞表を投げた。辞任しなかったとすれば彼が懲戒委の委員長代理を引き受けざるを得なかった。秋長官は懲戒請求者なので検査懲戒法相懲戒審議に関与できない。ほとんどの検事が懲戒反対の声明に参加したし、その上に一部の検察幹部は懲戒請求過程に関与して忌避申立ての対象だ。外部によって委嘱された委員は参加しないだろうという見通しもある。定足数を満たすことはできない状況に追い込まれると急いで与党寄りの要人を投じたわけだ。

昨日、ソウル中央地検代1次長が辞意を表わした。法務部は否認したが、懲戒委員に指名されたためという解釈が出てきた。検察では本当に一度も経験したことのない状況が毎日演出されている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)と与党、秋長官は懲戒委を開いて尹総長の解任決定さえ下されればどうにか収拾がつくと期待しているようだ。民心を逆らう誤った判断だ。

まず懲戒理由に問題が多い。懲戒疑惑を作るために進められた監察が違法や脱法を犯したという事実が1日開かれた監察委員会で暴露された。「判事傾向文書」は監察実務者も違法にみられないとされたが黙殺され、その後文書はねつ造された。追加疑惑を探すと言って被疑者の名前を隠したまま尹総長を逮捕した事実も明らかになった。

裁判所は尹総長に対する職務執行停止効力を中止させて総長懲戒に対する限界をはっきりと見せた。総長に対する長官の指揮・監督は最低限にとどまるべきで、懲戒も検察の独立性と政治中立性のために任期を保障した趣旨を忘れてはならないということだ。特に(懲戒委で)防御権が与えられるなど十分な審理が行われるべきだと指摘した。これを蔑ろにして政権にお世辞を言う検事数人が集まって独断的に懲戒を決めるなら裁判所は認められないという先例を作ったわけだ。

それでも尹総長の懲戒を押し切るなら声明を出した検事がすべて辞表を投げる状況になるかもしれない。その間検察組織を瓦解させることが目的であるように行動してきた秋長官と与党はこのような事態が実際に起きることをそれとなく期待しているのだろうか。だが、その時は検事でない国民の抵抗に直面するしかない。法を無視した暴走をここで止めてほしい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP