주요 기사 바로가기

【噴水台】出産少数社会=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.03 10:55
0
「若年層では出産しないほうが今の流れです。20代女性が『私は子どもを絶対産む』と話すと友達が何と言うか知っていますか。『なぜ? 本当に子どもを産むの?』と驚いて聞きます」

「出産は非合理的な選択だ」。西江(ソガン)大学経済学部のキム・ヨンチョル教授が伝えた最近の若年層の認識だ。数値でも確認することができる。今年初めに実施した韓国開発研究院(KDI)の少子化研究関連のアンケート結果で、20代後半(25~29歳)の女性の55%が「出産する考えはない」と答えた。その理由は? キム教授を含めた研究チームは住居・教育・保育・職場のような回答を予想したが結果は違う状況だった。「結婚する考えが最初からない」(48%)、または「未来が不安定だから」(30%)だった。どのように解釈するべきか、目の前が真っ暗になるほど衝撃的な結果だった。キム教授は「完全に新しい世界が広がっている。今、この集団で広がっている状況は既成世代の認識枠組みを越えた」と打ち明けた。

「愛する人と一緒にいたいのは本能だ。だが、家族という枠組みは拘束だから嫌だ。だから同居を選択するなら? 出産は想像できない。非婚出産だなんて。そんな勇気もないし、人生をダメにするのではないかと思うとこわい。だから結婚も出産もしない」。出産少数社会の考え方だ。

このような現状に一石を投じる出来事があった。日本出身のタレント藤田小百合さんが精子バンクの寄贈を通した非婚出産事実を公開した。「結婚しなくても一人でも幸せなママになれる」というメッセージを投げた。新しく「クール」だ。出産に対する否定的な認識を打ち破る契機になるのではないだろうか。だが、それでも「私も子どもを持とうかな」という認識の転換に続くにはその影響力はまだ弱い。さまざまな面で一般の若者女性は藤田ではないと。

どうせ非婚は止めることができない世界的な流れだ。そろそろ政策的に「一人でも子供を産んでちゃんと育てることができる」という自信を植え付ける方法を悩んでみてはどうだろうか。すでに9年前、KDIの報告書「未婚率の上昇と超少子化に対する対応方向」に含まれていた内容だ。「同居と婚外出産が少子化対策か」と言って大きな叱責を受けたまさにその研究だ。当時報告書の作成者だったキム教授はこう話す。「住居価格が天井知らずに上昇し、政府も結婚を奨励するには面目がなくなりました。結婚していない家庭形態を制度化する時がやってきました」

ハン・エラン/金融企画チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP