주요 기사 바로가기

韓日ワールドカップ第1号ゴール、元セネガル代表のディオプ氏が持病で死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.30 18:03
0
2002年のサッカー・ワールドカップ韓日大会第1号ゴールの主人公で元セネガル代表のパパ・ブバ・ディオプ氏が死去した。

セネガルサッカー協会は29日、ディオプ氏が死去したと伝えた。42歳だった。フランス・フットボール誌によるとディオプ氏は持病を患っていた。

ディオプ氏は2002年5月31日にソウルのワールドカップスタジアムで開かれた韓日ワールドカップ開幕戦でフランスを相手にゴールを決めた。大会第1号ゴールだった。ディオプ氏の得点によりセネガルはディフェンディングチャンピオンで当時世界1位だったフランスを1-0で下す番狂わせを巻き起こした。ディオプ氏はウルグアイとの予選リーグ第3戦でもマルチゴールを決めた。セネガルは1勝2分けで無敗のまま予選リーグを通過した。

ディオプ氏は2001年から2008年までセネガル代表のミッドフィルダーとして活躍した。63試合に出場し11ゴールを決めた。プロの舞台では1996年セネガルの国内チームをはじめ、グラスホッパー(スイス)、RCランス(フランス)、フラム、ポーツマス、ウェストハム、バーミンガム・シティ(以上イングランド)、アテネ(ギリシャ)などで活躍した。

セネガルのマッキー・サル大統領は彼の訃報に「セネガルの大きな損失」として悼んだ。イングランドのリバプールで活躍するセネガル出身のスター、サディオ・マネは「私たちの胸の中に永遠に残るだろう」と哀悼した。国際サッカー連盟(FIFA)はワールドカップ公式アカウントを通じ「1度ワールドカップの英雄になればいつでもワールドカップの英雄だ」として賛えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日ワールドカップ第1号ゴール、元セネガル代表のディオプ氏が持病で死去

    2020.11.30 18:03
    뉴스 메뉴 보기
    韓日ワールドカップ第1号ゴールを記録したパパ・ブバ・ディオプ氏が持病により死去した。[写真 セネガルサッカー協会インスタグラム]
    TOP