주요 기사 바로가기

韓国次期大統領候補、誤差範囲内の接戦…尹検察総長は上昇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.30 15:28
0
韓国次期大統領候補の支持率調査で、与党・共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表、尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長、李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事がそれぞれ1、2、3位になったという結果が30日、発表された。李洛淵代表は20.6%、尹錫悦総長は19.8%、李在明知事は19.4%だった。1位から3位までの差はすべて誤差範囲内。

リアルメーターはオーマイニュースの依頼で23日から27日までの5日間、全国満18歳以上の成人男女2538人(回答率4.5%、5万6698人接触)を対象に次期大統領候補の支持率を調査(95%信頼水準、標本誤差±1.9%ポイント)した。

その結果、尹錫悦総長は与党の2強(李洛淵代表、李在明知事)独走体制に食い込んで2位となった。李洛淵代表と尹錫悦総長の差は0.8ポイント、尹錫悦総長と李在明知事の差はわずか0.4ポイントだ。

李洛淵代表と李在明知事の支持率は先月の調査に比べそれぞれ0.9ポイント、2.1ポイント落ちた。任期折り返し点を迎えた李洛淵代表は、リアルメーター基準の大統領候補支持率が7カ月連続で下落している。一方、尹錫悦総長は2.6ポイント上昇し、先月(17.2%)に続いて上昇を続けた。

リアルメーター側は尹錫悦総長の支持率上昇に関し、関連調査期間(23-27日)中の24日晩に電撃的に発表された秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の職務停止と懲戒委回付が最も大きな影響を及ぼしたと分析した。リアルメーターのペ・チョルホ首席専門委員は「尹錫悦総長の支持率上昇には、秋美愛長官の職務排除措置が主に作用したと分析される」とし「尹錫悦総長が現在の政権と最も明確な対蹠点で反文情緒を象徴する軸の役割とみられる」と説明した。

詳細内容はリアルメーターまたは中央選挙世論調査審議委員会のホームページ参照。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP