주요 기사 바로가기

<女子ゴルフ>日本黄金・プラチナ世代の躍進に韓国勢は停滞

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.30 09:58
0
韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアーに続いて日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアーも2020シーズンが幕を下ろした。新型コロナの影響でシーズンは縮小された。こうした中、20代前半(1999-2001年生まれ)の若手ゴルファーの勢いが目立った。韓国選手は全体的に残念な結果に終わった。

宮崎市の宮崎カントリークラブで終わったJLPGAツアーシーズン最終戦のリコーカップでは、原英莉花(21、日本)が通算10アンダーで優勝した。1999年生まれの原は10月初めの日本女子オープン選手権に続いて今季2勝をマークした。

今大会で準優勝(8アンダー)した古江彩佳(20、日本)も2000年生まれだ。今季3勝の古江は最多勝と最少ストローク(70、1064打)を受賞した。今季の賞金王(9389万1170円)に決まったフィリピン出身ゴルファーの笹生優花(19)も2001年生まれ。当初37大会が計画されていた今季は新型コロナの影響で14大会に縮小された。シーズン最終戦の優勝と最多勝、賞金、最少ストロークなど多くのタイトルを1999-2001年生まれの選手が手にした。

日本では世界7位の畑岡奈紗(21)、昨年米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーメジャー大会の全英女子オープン(現AIG女子オープン)を制した渋野日向子(22)など、この1、2年間に若手選手が女子ゴルフの前面に登場した。これら女子選手はLPGAツアー通算9勝の宮里藍(日本、2017年引退)をロールモデルとし、企業の後援を受けて体系的に成長した「藍チルドレン」だ。「藍チルドレン」はパク・セリを見て成長した韓国の「セリ・キッズ」と似ている。

今年はここに古江彩佳、笹生優花など2000年以降に生まれた選手までが加わった。競争力があるゴルファーが着実に登場しているのが、チェ・ヘジン(21)、イム・ヒジョン、チョ・アヨン、パク・ヒョンギョン(以上、20)ら、いわゆる「ミレニアル世代」が登場した韓国と状況が似ている。こうした雰囲気のため日本ゴルフ界も盛り上がっている。日本では自国ツアーで好成績を出した1998-99年生まれを「黄金世代」、2000年生まれ以降を「プラチナム(白金)世代」と呼ぶ。若手選手も世代を分けるほど選手層が厚いということだ。

今年のJLPGAツアー14大会のうち1999-2001年生まれの選手の優勝は9回にのぼる。一方、30代は2勝の申智愛(シン・ジエ)だけだ。日本スポーツメディアは「日本ゴルフの時代的流れは確実に若くなっている」と伝えた。

新型コロナの中、日本の新鋭の多数登場し、韓国女子ゴルファーは日本で力を発揮できなかった。申智愛を除いて優勝がない。大会数の差があるとはいえ、昨年9勝を合作したのとは対照的だ。昨年2勝のペ・ソンウ(26)は今季9大会でトップ3に4回入ったが、優勝とは縁がなかった。ベテランの李知姫(イ・ジヒ、41)はトップ10に3回、全美貞(チョン・ミジョン、38)は4回入り、李ボミ(イ・ボミ、32)、キム・ハヌル(32)は今季終盤の合流してトップ10に1回ずつ入った。最終戦のリコーカップではペ・ソンウ、李知姫、全美貞が10位タイ(2アンダー)で韓国選手のうち最も順位が高かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <女子ゴルフ>日本黄金・プラチナ世代の躍進に韓国勢は停滞

    2020.11.30 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    原英莉花 [写真 ミズノゴルフ]
    TOP