주요 기사 바로가기

王毅中国外交部長、菅首相との会談後「日本漁船、敏感な海域に入ってはならない」

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.26 13:09
0
訪日後に韓国を訪問中である王毅中国外交部長が菅首相との会談後、尖閣諸島に対する中国の領有権を迂回的に主張したことが分かった。

王外交部長は菅首相との会談を終え、首相官邸で日本の報道機関記者らに「(日本側)漁船が繰り返し敏感な海域に入っている。このような船舶を入れないようにするのがとても大事だ」と述べたと朝日新聞が伝えた。

最近、尖閣海域の葛藤の責任が日本側にあるという意味に読まれる。首相官邸でこのように話したのは尖閣に対する中国領有権を確かに主張したわけだ。

一方、日本政府はこの日、会談関連発表文で「菅首相は中国公船による尖閣諸島周辺海域への領海侵入をめぐり、中国側の前向きな対応を強く求めた」と発表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP