주요 기사 바로가기

王毅外相の訪韓に韓国与党関係者が相次ぎ儀典…与党代表「次回はマッコリでもてなす」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.26 08:49
0
中国の王毅外相が訪韓日程を始める。米国の政権交代期という敏感な時期に訪韓した王外相が米中対立、習近平中国国家主席訪韓、韓半島(朝鮮半島)情勢など主要懸案に対しどのようなメッセージを発信するのか注目される。

日本訪問を終えて25日午後10時ごろ韓国に到着した王外相は、27日まで滞在して外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、与党関係者らと会い韓中関係と国際情勢などを話し合う計画だ。

王外相の最初の公式日程は26日午前10時に外交部庁舎で康京和長官と会い、韓中外相会談を行うことだ。その後外交部長官公館に移動し昼食をともにしながら対話を継続する計画だ。

外交部によると、この席では新型コロナウイルスへの対応協力をはじめとする両国のハイレベル交流など2国間関係、韓半島情勢、地域・国際問題など相互関心事に対する意見が交換される予定だ。

王外相はその後青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)に文在寅大統領を表敬訪問する。この際に王外相が習主席のメッセージを伝達するか注目される。王外相は前日の日本の菅義偉首相との面談では新型コロナウイルス対策と経済回復に向け日本と協力を強化したいという習主席の意向を伝えた。

夕方には李海チャン(イ・ヘチャン)「共に民主党」元代表との夕食会が設けられる。王外相と李元代表は2017年5月に特使として中国を訪問した際に会った縁がある。2人は昨年12月の王外相の訪韓時にも会った。

王外相は27日に文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官と国会外交統一委員会所属の民主党尹建永(ユン・ゴンヨン)議員、李在汀(イ・ジェジョン)議員、民主研究院長の洪翼杓(ホン・イクピョ)議員ら与党の実力者と相次いで会合を持つ。

「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は当初王外相と昼食をともにする予定だったが、新型コロナウイルス感染者との接触にともなう自宅隔離で日程を取り消すことになった。これに伴い李代表は前日王外相に書簡と花かごを送った。

李代表は書簡で中庸の「唯天下至誠為能化(ただ心を尽くしてこそ変化を作れる)という一節を引用し、「コロナの状況でも国の安危と近隣諸国との友情のため直接訪韓し心を尽くす姿に大きな感動を受ける」と明らかにした。

続けて「今回は状況が不如意で会えなかったが次は必ず私の故郷のマッコリで大切なお客さんを暖かく迎えたい。充実した韓国日程になり楽に帰られることを祈る」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    王毅外相の訪韓に韓国与党関係者が相次ぎ儀典…与党代表「次回はマッコリでもてなす」

    2020.11.26 08:49
    뉴스 메뉴 보기
    王毅中国外交担当国務委員兼外交部長(左)
    TOP