주요 기사 바로가기

習近平主席、当選から18日過ぎてバイデン氏に祝賀メッセージ「共生しよう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.26 08:12
0
中国の習近平国家主席が25日、米大統領に当選したジョー・バイデン氏に祝賀メッセージを送ったと新華社通信とグローバルタイムズなどがこの日報道した。7日にバイデン氏の当選が確定してから18日ぶりだ。

報道によると、習主席は祝電で「両国関係の健全で安定した発展を推進するのは両国国民の基本的利益につながるだけでなく国際社会の共通した期待に合致する」と話した。

習主席はまた、「双方が衝突と対抗を避け相互尊重と協力に集中し、違いを管理して両国関係の健全で安定した発展、世界の平和と発展を推進しよう」と提案した。

習主席は3日の米大統領選後に各国首脳らと違いバイデン氏に祝賀メッセージを送っていなかった。トランプ大統領が敗北を認めていない状況で選挙結果の不確実性を懸念し立場表明を先送りしているとの解釈が出ていた。

中国外交部は13日、「われわれは米国国民の選択を尊重し、バイデン先生とハリス女史に祝意を示す」としながらも、「われわれが知る限りでは米大統領選挙の結果は米国の法律と手続きにより確定する」という立場を改めて明らかにした。その上で「当選者」という表現は使わなかった。

だがバイデン氏の閣僚人事が輪郭を表わすなど本格的な政権引き継ぎが始まると中国国営メディアはバイデン陣営と米中間のコミュニケーションチャンネル復元に出なければならないと声を出した。この日王岐山国家副主席もカマラ・ハリス次期副大統領に祝賀メッセージを送った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習近平主席、当選から18日過ぎてバイデン氏に祝賀メッセージ「共生しよう」

    2020.11.26 08:12
    뉴스 메뉴 보기
    中国の習近平国家主席
    TOP