주요 기사 바로가기

「紛争地域性暴行」国際会議を開催する韓国外交部、慰安婦問題に言及するのか注目

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.24 10:48
0
紛争地域の性暴行問題を扱う国際会議で韓国外交部が慰安婦問題に言及するか注目される。韓国外交部は24日、「紛争下の性暴行撤廃-生存者中心のアプローチ」をテーマに「第2回女性とともにする平和国際会議」を開催する。昨年に続き、今年2回目に開催される国際会議は韓国政府が2018年発足した「女性とともにする平和」構想の一環で全世界紛争状況で発生した性暴行を根絶するための国際協力強化策を模索するために開かれる。

対面と非対面混合方式で行われる会議には女性・平和・安保主導国、国際機構、学界の主要人物および支援団体などが参加して新型コロナウイルス感染症危機での性暴行対応現状、生存者中心のアプローチ向上に向けた努力と今後の挑戦課題など多様なテーマについて意見を交換する予定だ。

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は昨年7月2日開かれた第1回会議の開会の辞で「今まで慰安婦に関連した努力において生存者中心のアプローチが不十分だったという点を認める」としながら被害者の声に耳を傾けて彼らの名誉回復を助けるとした。今回の2回目の会議でも韓国外交部長官が慰安婦関連でどのような言及をするか注目される。

今回の会議にはミシェル・バチェレ国連人権高等弁務官、ロード・アーマッド英国国務相、ジャクリーン・オニール・カナダ女性・平和・安保大使、プラミラ・パッテン紛争下の性的暴力担当国連事務総長特別代表などが参加する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「紛争地域性暴行」国際会議を開催する韓国外交部、慰安婦問題に言及するのか注目

    2020.11.24 10:48
    뉴스 메뉴 보기
    康京和外交部長官
    TOP