주요 기사 바로가기

文大統領の支持率、5週連続下落で42.7%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.23 10:01
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が5週連続の下落で42.7%まで落ちたという世論調査の結果が23日、発表された。

リアルメーターがYTNの依頼で16-20日、全国の成人男女2514人を対象に調査した結果(信頼水準95%、誤差範囲±2.0%ポイント)によると、文大統領の国政遂行に対する肯定的な評価(支持率)は先週に比べ1.6ポイント下落した42.7%だった。否定的な評価は先週比2.0ポイント上昇した53.0%だった。肯定的・否定的評価の差は10.3ポイントと、同じ調査で8月第2週以来3カ月ぶりの最大となった。

文大統領の支持率は仁川・京畿(6.6ポイント下落)、ソウル(3.5ポイント下落)、50代(5.0ポイント下落)、20代(4.1ポイント下落)で下落幅が大きかった。

一方、光州・全羅(11.4ポイント上昇)、大田・世宗・忠清(1.9ポイント上昇)、30代(2.8ポイント上昇)、40代(1.4ポイント上昇)で上昇した。

与党「共に民主党」と最大野党「国民の力」の政党支持率は誤差範囲内の接戦となった。民主党支持率は前週比0.7ポイント下落した32.1%、国民の力は2.7ポイント上昇した30.0%だった。両党の差は2.1ポイントと、5週ぶりに誤差範囲以内となった。

来年4月の補欠選挙の激戦地の一つ、ソウルでは、国民の力の支持率が1.3ポイント下落した28.7%と、1.9%下落した民主党(28.1%)を僅かな差で上回った。

釜山・蔚山・慶南では国民の力の支持率が32.2%と2.9ポイント上昇し、1.0ポイント下落した29.1%の民主党を上回った。

リアルメーターは秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官と尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長の対立、新型コロナウイルス感染の再拡大、加徳島(カドクド)新空港建設問題、不動産問題などのイシューが複合的に影響を及ぼしたと分析した。

このほか、国民の党は7.0%、開かれた民主党は5.9%、正義党は5.5%、基本所得党は1.1%、時代転換は0.5%の支持率だった。詳細内容はリアルメーターまたは中央選挙世論調査審議委員会のホームページ参照。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領の支持率、5週連続下落で42.7%

    2020.11.23 10:01
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP