주요 기사 바로가기

WHO事務局長、今度は「エチオピア反乱軍支援」疑惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.20 16:19
0
新型コロナウイルス感染症への対応過程で米国などから「中国寄り」という批判を受けてきた世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に、今度はエチオピア反乱軍を支援したという疑惑が浮上した。

20日(現地時間)のワシントンポストなど海外メディアによると、エチオピア政府軍のベルハヌ・ジュラ将軍は19日、テドロス事務局長がエチオピア軍と交戦中のティグレ人民解放戦線(TPLF)側の反乱軍を支援していると主張した。ジュラ将軍は「テドロス事務局長が周辺国にティグレ州反乱軍に武器などを支援するよう働きかけ、戦争に反対すべきだと促した」と述べた。

アフリカ出身者で初めてWHOの首長となったテドロス事務局長はエチオピア出身。ジュラ将軍は、TPLFがエチオピア連立政権だった当時にテドロス事務局長が保健相(2005-2012年)、外相(2012-16年)を務めたことにも言及した。しかし反乱軍支援に関連する具体的な証拠は提示しなかった。

テドロス事務局長はこうした疑惑を否定した。19日の声明で、「私がティグレ軍を支援するという報道があったが、これは事実でない」とし「私は平和の側にいる」と伝えた。

エチオピア軍とティグレ反乱軍は今月4日から交戦を繰り返している。9月にティグレ州が中央政府の反対にもかかわらず単独で地方選挙を強行し、双方の対立が激化した。その後、エチオピアのアビー首相がTPLFに対する軍事作戦を指示し、交戦に発展した。これまで双方で数百人が死亡し、3万人がエチオピアを離れて隣国スーダンに避難した。

TPLFは中央政府の与党と連立政権を構成していたが、2018年にアビー首相の執権後、連立政権から離脱した。TPLF側はアビー首相が自分たちを腐敗勢力にしたと反発してきた。TPLFはエチオピアの隣国エリトリアと長期にわたり戦争をした。アビー首相は執権後、エリトリアとの国境紛争を終息させた功労などで昨年ノーベル平和賞を受賞した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP