주요 기사 바로가기

韓経:韓国タイヤ企業、テスラEVピックアップトラックのタイヤ生産へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.20 09:32
0
韓国タイヤ企業「ビッグ3」が「電気自動車」に注目している。自動車産業のパラダイムがエコカーに移る中、200兆ウォン(約19兆円)にのぼるエコタイヤ市場を先に獲得するためだ。2030年には全体の自動車販売量のうち半分がエコカーになるという見方もあり、供給先をあらかじめ確保しようと各企業が死活をかけている。

◆テスラEVピックアップトラック向けタイヤ供給

業界によると、ハンコックタイヤはタスクフォース(TF)チームを設置し、来年登場予定のテスラのEVピックアップトラック「サイバートラック」のタイヤを開発している。サイバートラックに合う規格・品質の製品を生産するため、テスラと共同研究をしている。業界ではテスラがハンコックタイヤを最終供給会社に選定する可能性が高いとみている。

業界関係者は「グローバル自動車企業は品質が認められている企業の製品の使用を望む」とし「ハンコックタイヤは『モデル3』納品ですでに技術力が認められているので今回の契約でも有利になるはず」と話した。ハンコックタイヤは2017年からテスラの普及型電気自動車モデル3に電気自動車専用タイヤ「ヴェンタスS1エボ(Evo)3EV」を納品している。

テスラがモデル3に続いてハンコックタイヤにまた手を差し出したのは「技術力」のためだ。電気自動車には一般車とは違うタイヤが必要だ。電気自動車はバッテリーのため内燃機関の車より100-300キロ重いからだ。内燃機関の車と違ってエンジンの騒音が出ないため、タイヤが路面に接触する時に出る音が大きく聞こえる。タイヤもこうした特性に合わせなければならない。

ハンコックタイヤは自社の電気自動車用タイヤに高強度素材「アラミド」を採用し、荷重に耐える能力を高めた。特定周波数の騒音を抑えるパターンをタイヤに刻むなど、さまざまな騒音低減技術も開発した。また、電気自動車特有の速い反応性と高い加速度を勘案し、滑り・摩耗防止性能を向上させた。

ハンコックタイヤはBMWやアウディなどのグローバル自動車企業とも接触している。最近はポルシェの最初の電気自動車「タイカン」に新車用タイヤ(OE)を供給する契約を結んだ。ハンコックタイヤの関係者は「自動車企業との契約については公開できないが、複数のグローバル企業と電気自動車部門で協業を強化している」と伝えた。

◆「供給先を先に確保」

ハンコックタイヤだけではない。クムホタイヤとネクセンタイヤも電気自動車の新車用タイヤ供給契約に注力している。クムホタイヤはルノーサムスン自動車の電気自動車「SM3 Z.E.」にタイヤを単独供給している。新規受注の拡大に向け、近くTFチームを新しく構成する計画だ。ネクセンタイヤは現代車「コナEV」、起亜車「ソウルEV」に続き、9月には米電気自動車スタートアップ「カヌー」と供給契約を結んだ。北京現代など中国市場にも進出している。

タイヤ企業が受注戦をするのは市場を先に確保するためだ。まだ電気自動車用のタイヤの売上高は全体の1%を下回っているが、グローバル自動車企業の電気自動車への供給を先に確保してこそ生き残ることができるという判断だ。

過去1年間、電気自動車の販売台数が大きく増え、交換用タイヤ(RE)に対する需要も予想される。市場調査会社リポートアンドデータによると、2026年の世界エコカータイヤ市場規模は1780億ドル(約197兆ウォン)に成長する見込みだ。業界関係者は「電気自動車のタイヤ市場で誰が優位に立つかが今後の業界の版図を変えるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:韓国タイヤ企業、テスラEVピックアップトラックのタイヤ生産へ

    2020.11.20 09:32
    뉴스 메뉴 보기
    テスラのEVピックアップトラック「サイバートラック」
    TOP