주요 기사 바로가기

韓経:「為替市場の安定のためいつでも対応」…韓国経済副首相の一言でウォン安ドル高

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.20 08:46
0
韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は19日午前8時40分ごろ、「外国為替市場の安定のためにいつでも積極的に対応する」と述べた。非常経済中央対策本部会議でだ。洪副首相は「最近ウォン高ドル安が進んでいることに対し、経済主導者の憂慮が深まっている」とし「急激な為替レートの変動は決して望ましくない」と強調した。

その後、午前9時に始まったソウル外国為替市場はウォン安ドル高で始まった。さらにウォン安ドル高が進み、韓国ウォンは前日比11.80ウォン値下がりした1ドル=1115.60ウォンで取引を終えた。金融機関の関係者は「通貨当局が実際に市場介入する可能性が高いという解釈が広がった」と伝えた。

政府はこの日の中央対策本部会議で、着陸なく外国の領空を飛行する観光飛行を1年間認めることにし、一般旅行者と同じく免税店を利用できるようにした。無着陸国際観光飛行の利用者にも基本600ドルに酒1本(1リットル、400ドル以内)、たばこ200本、香水60ミリリットルまで旅行者免税が認められるということだ。機内免税店のほか、出国・入国フロアの免税店も利用できる。早ければ来月から大韓航空とアシアナ航空で観光飛行商品が販売される予定だ。

また、政府は非対面経済の活性化に向け、金融、医療、教育など8大非対面有望分野に来年1兆6000億ウォンの予算を投入することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP