주요 기사 바로가기

韓経:AI組み合わせノーベル賞受賞者とも提携して…LG化学・SKイノ「Kバッテリー」格差広げる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.20 07:31
0
デジタル基盤の研究開発(R&D)は、製薬・半導体など市場規模が大きくてグローバル企業間の競争が激しい分野であるほどいち早く導入されている。従来のR&D方式に比べてスピードと効率の面で長所が多いためだ。最近では電気自動車バッテリー(二次電池)分野でもデジタルR&Dが積極的に導入されている。

電気自動車バッテリー世界1位のLG化学は大学との協業を強化している。今年6月、高麗(コリョ)大学とバッテリー分野の産学協力に乗り出した。次世代バッテリー材料の研究、ビッグデータや人工知能(AI)教育、スマートファクトリー構築などを共同で推進していくことにした。7月にはソウル大学工科大学とデジタル転換(DX)産学協力センターを設立した。R&D・生産・マーケティングなど核心領域で、ディープラーニングやビッグデータ分析などデジタル技術を適用できる核心課題を発掘して遂行していく。

LG化学の辛学チョル(シン・ハクチョル)副会長は5月のビジョン宣言式で、外部と技術を共有する「オープンイノベーション」、先端技術を導入する「デジタル転換」を強調した。「AIやビッグデータなどデジタル技術を組み合わせて事業モデルを進化させ、全く違う分野と融合し、人々の期待を越える価値を実現する」ということだ。

SKイノベーションはオープンイノベーションにR&Dの焦点を合わせた。米国バッテリー開発企業「ポリプラスバッテリーカンパニー(PolyPlus Battery Company)」とリチウム金属電池の共同開発に向けた業務協約を結んだことに続き、7月にはリチウムイオンバッテリーに関連した世界的な学者であり、昨年ノーベル化学賞を受賞した米テキサス大学のジョン・グッドイナフ教授とも手を握った。全固体電池などの性能を画期的に向上させることができる次世代バッテリーの開発のためだ。サムスンSDIもAIとビッグデータ技術を駆使して電気自動車バッテリーの設計および製造工程予測技術を開発している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP