주요 기사 바로가기

豪州が日本との協力を宣言した日…中国が「冷戦式思考」と非難

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.18 11:53
0
オーストラリアが日本との共同訓練など協力を宣言した日、中国はオーストラリアの「冷戦式思考」を非難した。

17日(現地時間)のブルームバーグ通信によると、中国外務省の趙立堅報道官は北京での定例会見で「オーストラリアには、中国の発展を危険と見なし、冷戦的思考方式を固守しながら理念的な偏見を持つ人たちがいる」とし「彼らは中国に関連していくつ誤った措置を取り、これが中国とオーストラリアの関係が悪化した根本的な原因」と述べた。

趙報道官は「オーストラリアは香港・台湾・新疆問題など中国の核心利益に関連する問題で繰り返し失敗した」とし「これは国際関係の基本規範を違反するものだ」と指摘した。

オーストラリアは新疆ウイグル自治区内の再教育収容所の撤廃、香港国家安全維持法の廃止を主張してきた。また2018年にはファーウェイ(華為技術)を第5世代(5G)移動通信事業から排除し、オーストラリアで活動していた中国記者の自宅を捜索した。

一方、オーストラリアのモリソン首相と菅義偉首相は17日、会談後の共同記者会見で、自衛隊とオーストラリア軍の共同訓練などに関する「円滑化協定(RAA)」締結に大筋合意したと明らかにした。RAAを締結すれば、共同訓練のために相手国の領域に入る場合、武器類などの搬入手続きが簡素化される。日本が防衛協約協定を締結したのは米国を除けば2007年のオーストラリアが初めて。

モリソン首相は「オーストラリアと日本はインド太平洋地域で米国の主要同盟国として、RAA協定締結は両国関係の発展の『画期的事件』になるだろう」と述べた。

日本とオーストラリアは、海洋覇権を強める中国に対抗する4カ国同盟体「クアッド」(日米豪印戦略対話)の当事国。今回のRAA協定締結で中国への対抗能力はさらに強化される見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP