주요 기사 바로가기

北朝鮮、コロナ感染者ゼロというが…WHO「疑い事例6173件」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.17 16:05
0
北朝鮮で現在まで新型コロナウイルス感染症と疑われる事例が6173件発生していることが分かった。特に1週間に805人増えたと、世界保健機関(WHO)は把握している。

17日の米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、世界保健機関(WHO)は最近の「南・東アジア地域新型コロナ週間状況報告書」で、先月29日現在、感染疑い事例が北朝鮮住民6165人、外国人8人の計6173件あったと集計した。これは1週間前の先月22日基準の5368件に比べ805件増えている。WHOは「(北朝鮮が)先月22-29日に監視を強化し、住民805人の感染疑い事例を発見した」と伝えた。

ただ、WHOは北朝鮮保健当局の資料に基づき、今月5日まで北朝鮮で報告された感染者はいないと明らかにした。PCR検査を受けた人は1万2072人と報告された。

北朝鮮は年初、新型コロナ感染拡大の兆候が表れると、国境を閉鎖するなど封鎖政策に入った。国家非常事態を宣言した後、中朝国境地域に接近する人は銃殺するよう指示を出したりもした。元政府当局者は「北は保健・医療施設が整っていないため、伝染病が広がれば対処が難しい」とし「かつてMERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)が発生した時も似た封鎖政策を見せた」と話した。

新型コロナ感染者がいないという北朝鮮の主張について、政府当局者は「北は新型コロナの発源地と見なすことができる中国と国境を挟んでいる」とし「国境地域で密貿易が行われていた点を考慮すると、常識的に考えるべきではないだろうか」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP