주요 기사 바로가기

額賀会長「議員連盟レベルで日韓首脳会談の環境作り目指す」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.11.14 09:46
0
菅義偉首相が13日、日本を訪問中の韓日議員連盟所属の与野党議員と会談し、「韓日関係の改善」に言及しながら「韓国側が考え方を示してほしい」と述べたことを受け、両国関係改善の突破口が開かれるかに関心が集まっている。特に韓国政府のほか、李洛淵(イ・ナギョン)共に民主党代表など政界でも「ふさがった現状況を打開するためには文在寅(ムン・ジェイン)大統領と菅首相が直接向き合って座るべき」として韓日首脳会談の必要性を強調する声が高まっている。

この日、菅首相と韓国側議員の会談でも首脳会談の可能性に言及された。日韓議員連盟の額賀福志郎会長は会談後、両国首脳会談の可能性に関する質問に対し、「議員連盟レベルで両国首脳が決断しやすい環境作りを目指していきたいという話があった」とし「外交協議を通じて代案が出てくるよう両国議員連盟がサポートをしようということ」と述べた。日帝徴用被害者をめぐる判決以降、議員連盟内でいくつか代案を協議した結果、「決断の時期」が来ているという点を感じた、とも話した。

東京オリンピック(五輪)を両国が協力する機会にしようということにも出席者の意見が一致したという。金振杓(キム・ジンピョ)韓日議員連盟会長は「東京五輪をきっかけに交流・協力を増やし、両国指導者が懸案を解決していくことができる条件と環境を作っていきたいと菅首相に話したところ、『感謝する。そのように努力してほしい』という返答があった」と伝えた。

李洛淵共に民主党代表も韓日首脳会談に言及しながらこうした流れを後押しした。李代表はこの日、韓国国際交流財団と日本国際交流センターの共同主催で開催された第28回韓日フォーラムの演説で「日本側は懸案が解決してこそ首脳会談ができるという形で話すが、懸案が解決してこそ会談をするというよりも、会談をして懸案が解決できるよう解決を促進するのも指導者の役割」と述べた。

李代表はこの日午後には予定になかった記者懇談会を開き、首脳会談の必要性を改めて強調した。李代表は「来年に予定されている東京夏季五輪が成功するには北朝鮮が協力しなければならず、特に文在寅大統領の協力が必要になるはず」とし「年内に予定されている韓日中首脳会談もそのような視点で見るのがよい」と述べた。続いて「バイデン米政権の発足を控えて何よりも韓日関係が改善しなければいけない」とし「文大統領と菅首相が同じ声でバイデン大統領を説得し、これを通じて北東アジアの平和と繁栄に寄与できればそれが最もよい」と強調した。

韓日議員連盟所属議員がこの日、菅首相と会談したことについても、「懸案解決のための友好的な雰囲気を作るうえでプラスになるはず」とし「菅首相の意志さえあれば、問題を解決する知恵は実務ラインで十分に出すことができる」と話した。

日本企業資産の売却手続き中断など韓国が先に措置を取ることを日本が要求することについては、「菅首相が対外政策で安倍晋三前首相の原則主義を継承しているが、それと同時に菅首相の現実主義的な感覚が発現する可能性がある」と期待感を表した。続いて「日本が小さなことから始めて大きなものに進もうという立場なら、我々は大きなことから始めて小さなことを解決しようという立場」と繰り返し首脳会談を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP