주요 기사 바로가기

BTS、米WSJマガジン「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」受賞…「変化し続けるだろう」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.11.13 11:44
0
グループBTS(防弾少年団)が米ウォール・ストリート・ジャーナルマガジン(WSJ Magazine)の「2020イノベーター・オブ・ザ・イヤー(The WSJ Magazine 2020 Innovator Awards)」音楽部門受賞者に選ばれて「イノベーター」(The Innovators Issue)の表紙を飾った。

米国ウォール・ストリート・ジャーナルマガジンは11日午後8時(現地時間)、ウェブサイト(wsj.com)のストリーミングを通じて音楽部門受賞者の防弾少年団を含んで「2020今年の革新家」の各部門受賞者を発表した。ウォール・ストリート・ジャーナルマガジンは毎年音楽、テレビ、美術、建築、文学など文化に関連した様々な部門で革新家を選定してきており今年が10回目だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルマガジンは防弾少年団を「2020イノベーター・オブ・ザ・イヤー」の音楽部門受賞者に選定した理由に関連して「防弾少年団はたびたび21世紀のビートルズと呼ばれる。ボイーズバンドの公式を破って、ファンダムという概念を新しい領域に導き、K-POPというジャンルをグローバル化した。彼らの影響力は音楽を超える。6月、防弾少年団は意義のあるキャンペーンに寄付し、ファンたちがこれに参加し、一日で同じ金額の寄付金を集めた。これこそ今日、世の中に必要な革新でありリーダーシップ」と説明した。

映像に公開された受賞感想でRMは「私たちはただ音楽とパフォーマンスを愛する普通の人だ。人々に希望と愛、肯定的なエネルギーとインスピレーションを与えられることを夢見る」と話した。音楽を通じて着実に広げてきた『Love yourself、Speak yourself』のメッセージにも言及した。ジンは「私も学生時代には私自身を愛することができなかったが、この仕事をしているうちに本当に多くの方々に愛され、そのようにして愛を与え始めた」と説明した。

ジェイホープも「『Love yourself,Speak yourself』のメッセージは私にもとても特別だ」として「防弾少年団というチームが叫んだメッセージだが、私たちにもとても影響を与えた一つの重要な素材」と話した。ジミンは「メンバー自ら、そのように作ったと考える。メンバーとの関係、私たちとファンの方々の関係」と言及し、Vは「全世界にいらっしゃるすべての方々に今の状況が非常に厳しいと思うが、このような時こそ私たちが頑張って肯定的に弾丸を装填しておいてほしい」と慰労と応援の声を伝えた。

防弾少年団は「革新」の意味に関しても見解を明らかにした。シュガは「革新は『止まっていないこと』だと思う。安住せず変化し続けるのが最も重要だ」と話し、ジョングクは「私自ら小さいことの中で何かを成し遂げ、その中で感じるのがあればそれが革新になるのではないか」とした。

防弾少年団は20日、新アルバム『BE(Deluxe Edition)』を全世界に同時発売する。防弾少年団が曲だけでなく構成とコンセプト、ミュージックビデオなどアルバム製作の全般に積極的に参加したことが伝えられ、ファンたちの関心と期待が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS、米WSJマガジン「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」受賞…「変化し続けるだろう」

    2020.11.13 11:44
    뉴스 메뉴 보기
    BTS[写真 WSJ Magazineおよびフォトグラファーのホン・チャンヒョン]
    TOP